10:44 AM

普通の会社員だったはずが持病のせいでレールを外れた人生を送ってるけどそれはそれで楽しいブログ

各言語の侮辱の言葉って面白い、そして関西人にとっての最大級の侮辱とは何かという話

総統閣下シリーズ動画で「チキショウメー!!」と空耳してしまう台詞、本当は”Sie sind ohne ehre!”と言っていて、”Sie(あなたの複数形) sind(be動詞的なもの) ohne(〜がない、英語のwithout) ehre(名誉)”で「この恥知らずめー!!」というドイツ語らしいです。

ドイツ語には”Schwein”(豚野郎)という言葉もあるそうで、日本語の「このタコ!」という言葉(もう誰も使わないな…)を考えると、人を動物に喩えて侮辱するのは面白いですね。何故わざわざその動物なのか。豚とタコに謝れ。

日本では「お前の母ちゃん出べそ」という、もはや死語の言葉がありますが、イタリア語には「お前の母ちゃん売春婦」という侮辱の言葉があるそうで、英語だとmotherfucker(母ちゃんとヤッてるクソ野郎)という言葉もあり、どうやらお母さんを侮辱して相手を罵るのは日本語だけではないみたいです。真偽のほどはわかりませんが、韓国語にも「お前の母ちゃん犯してやる」という言葉があるとかないとか。

なお、関西人にとって最大級の侮辱の言葉は、「お前、おもろないねん」(お前は面白くない)らしいです。もちろん地域によるでしょうが、面白さや笑いを大事にする関西の人にとっては酷い侮辱なのかも。(知り合いの大阪人がそんな話をしてました)
なんというか強い人格否定ですよね。声量オバケの西川貴教(滋賀県出身)も「関西だと勉強や運動ができるだけではダメで、面白くないと評価されない」みたいなことをいつぞやのインタビューで言ってましたし。新潟や東京には無い価値観ですね!

追記:「売女の息子」シリーズは他の言語にもあるようです

英語→“son of a bitch ”
スペイン語→ “hijo de puta”

昔、サッカー選手のジダンがイタリアの選手の発言に激怒し頭突きをした事件がありましたが、「私の大切な女性たち、母と姉に対する、深く傷つける侮蔑の言葉」だったそうで…
お母さんを侮辱されると人間はブチ切れるのでしょうね。お父さんシリーズもあるのか調べてみたら面白いかも?