10:44 AM

普通の会社員だったはずが持病のせいでレールを外れた人生を送ってるけどそれはそれで楽しいブログ

私の呪いを解いた一人のドラァグ・クイーンの話

かつて私は、メイクを極端に忌避していた。

その呪縛を解いた一本の動画がある。


ドラァグ・クイーンの劇的変身メイク術。| VOGUE JAPAN

 The bigger the lash, the bigger the eye, the bigger the character, the bigger the laughs from the audience.
「睫毛が長いほど、目が大きいほど、キャラが強烈なほど、観客からの笑いは大きくなるものよ。」 (4:17から。拙訳)

ダンス教室の先生もされているので、子どもたちを育てることに関しても発言されています。

I teach children every day, "Don't dream it, be it." 

毎日子供たちに教えているの、「夢は叶えるもの」だって。(4:09~)

I think the greatest thing about drag for me is I had the oppportunity to inspire others. Everyday I’m beyond belief it is my focus to inspire, motivate and mentor these children.The youth of today in the future of tomorrow. I want to instill the love and the goodness to become a great and fabulous human. I mean our society needs it.

(3:07から)

 

見るだけで元気が出てくる動画です。

多分再生数の20回ぐらいは私だと思う(笑)

 

この人のメイクの好きなところは、素の眉毛を活かしているところ。
結構ドラァグクィーンの人は糊を使って眉毛を隠して、自眉とは全然違う眉毛を描く人が多いのです。

 

このドラァグクィーンと出会って、私は自分の人生が変わりました。ひとつひとつの言葉が落ち着く。往年の女優風ローブを着て、大きな扇子を持ってお化粧したっていい。

メイクはアート。

 

その名はアリッサ・エドワーズ。Always and forever.

 

メイクが進むにつれて、

"Ok, she's here. She has arrived."と別人格が降臨してきているのがわかる。どこかでスイッチが切り替わっている。

 

 

"Morphing into this character, I feel like now  I can conquer the world."

「こうやって変身すると、世界を征服できる気になるの。」


"Stand tall, live my life and seize the moment."

背筋を伸ばして、自分の人生を生きて、今この瞬間を掴むの。

 

私もそう思えるようになりたい。