10:44 AM

普通の会社員だったはずが持病のせいでレールを外れた人生を送ってるけどそれはそれで楽しいブログ

「日本語ネイティブとは、自分の母語が日本語だと思い込んでいる人々のことである」

…みたいな気持ちになっています。今。


大学の時、中国語の先生に「漢民族とは、漢字で何となく繋がっている気がしている人々のことである」と教えられた時のように。

もはや共同幻想の世界。

f:id:Elaineintherain:20200604045423j:image
みんな「腹式呼吸」って言ってみて?どれだけ母音をちゃんと発音してる?

「春のうららの隅田川 のぼりくだりの船人が」って読んでみて?
「はるのうららのすみだがわ のぼりくだりのふなびとが」。

「が」って鼻濁音になってます?なってません?どう?

「フクシキコキュー」について。
私(新潟出身)の場合、前の「フクシ」まではほとんど母音をはっきり発音してません(無声化)。
でも、近畿とか四国だと、この現象が起こりにくいんだそうです。
えええ。

語頭以外のガ行(「すごい」とか)、助詞の「が」、みんな鼻濁音になってる?
NHKのアナウンサーはなってますけど。

私は小学校の合唱部で、「語頭以外のガ行は全部鼻濁音で発音しろ」みたいなことを叩き込まれたので、それが「正しい」標準語だと思っていたんですが…

アナウンサーや役者さんが鼻濁音を使うのは、標準語の元となった東京方言にこの法則があり、それが長年「正しい」標準語だとされてきたから、らしいんですけど、最近その認識も揺らいでいるようで、元々地域によってガ行の発音は違うし(gとŋ以外にも色々あるようだ⁈⁈⁈)、そもそも東京でもこのルールは衰退しているそうで、「正しい日本語とは???」みたいになっております。

このように、方言とはまた違うレベルで、同じ「標準語」を話している(つもりの)時も、地域や人によって細かい発音が異なっていることが、勉強によってわかりました。

なお、歌の世界では、
合唱や声楽ではおそらく全国的に(語頭以外の)ガ行の鼻濁音は徹底されていると思いますが、J-POPやJ-ROCKでは全部[g]で発音する人が多い印象。
好きな歌手の曲を聴いてみてください。どうですか?
森山直太朗は[ŋ]を使うけど、もしかしたら場面によって[g]と[ŋ]を使い分けてるかも?という感じがします。もしそうだったら歌手ってすごい。

えー。暇極まりない人は、登坂淳一アナウンサーが読む米津玄師のlemonの歌詞と、


【読んでみた】lemon 米津玄師【元NHKアナウンサー 登坂淳一の活字三昧】【カバー】



実際のlemonの曲を聴き比べてみてください。


米津玄師 MV「Lemon」


(いや〜いい曲ですね〜)

いや、米津玄師が普通に話す時に鼻濁音を使っているかは不明ですよ。でも全部[g]で発音しとるー!!

なお、衝撃を受けたのは、NHKがガンガン流している東京2020応援ソング「パプリカ」です。
これは子供たちが歌ってるバージョンですが


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ


初っ端から「まが[ga]りくねり♪はしゃいだ道〜♪」。
…ギャー!!(悲鳴)
歌だったら鼻濁音にならなくてもいいのか、NHKよ。

そして今まで散々J-POPやJ-ROCKを聴いてきたのに、鼻濁音がほぼ絶滅寸前であることに何の違和感も持っていなかった自分。こわ…

自分が信じてきたことがガラガラと崩れ落ちていくような感覚があり、勉強って面白いですね。ははは。