読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10:44 AM

しがない会社員・いれーんの日記。旅好き、猫好き。

村田沙耶香「消滅世界」

芥川賞村田沙耶香さんが受賞した。
その作品はまだ読んでいないのだが、
「消滅世界」という既刊がとても面白いと聞き、読んでみた。

 

消滅世界

消滅世界

 

 「セックス」も「家族」も消えていく未来の世界を描く。

人は人工授精によって生まれ、夫婦間の性行為で生まれてくる人間はほとんどいない。
それどころか、夫婦間の性行為は「近親相姦」とまで言われる。
「結婚」は経済的に助け合いたい、家事を分担したい人、子どもを持ちたい人がするもので、そこで二人は「家族」になる。
しかし「家族」同士での恋愛は歪なものとされ、みな外で恋人をつくる。

 

これ以上書くとどんどんネタバレになっていくのでいい加減自重するが、
物語はさらなるユートピアへと加速していく。

いわゆる「思考実験」「ディストピア小説」である。

 

この本を読んでいる間、
自分のざらざらした家族観を裏側から優しく引っかかれているような気がして、
それがとても心地よかった。 

興味を持たれた方はぜひどうぞ。