10:44 AM

しがない会社員・いれーんの日記。旅好き、猫好き。

職場コーヒー体制

実は、職場の昼休みが大の苦手です。
午前中で集中力は切れているので、休み時間中まで仕事はしたくないのですが、休むにしても上手くリラックスしてリフレッシュできません。黙ってパソコンの画面に向かってお弁当を食べるだけ。余った時間は携帯をいじったりしていますが、それでも集中力は回復しません。

それが、昼休みの終わり頃にブラックコーヒーを一杯飲むと気力が回復することに気がつきました。午後に向けて上手くスイッチがオンになるというか。

これだ…( ゚д゚)!

そんなこんなで、手持ちの水筒が2連続で壊れた(水漏れする)ので安心と信頼のZOJIRUSHIのものを購入しました。
容量は480mlで、こんな感じ。

f:id:Elaineintherain:20171108114027j:imagef:id:Elaineintherain:20171108114038j:image

夫曰く、「ZOJIRUSHIが一番パッキンがしっかりしていると思う」のだそうです。

そして豆。私はタリーズの豆が好きなので、今回もタリーズで買いました。いったいどれだけのお金をタリーズに貢いでいるんだろう…というぐらい、タリーズは好きです。お店でコーヒーを飲んでも美味しいし、食べ物も美味しい。

今回はグァテマラシリーズのヌエストロ・フトゥーロ農協と、東海・関西エリア限定のコスタリカのラスヌベスを買いました。

f:id:Elaineintherain:20171108114139j:image

ラスヌベスを飲んでみましたが、良い…!
バランスが良いのではないでしょうか。

さて、コーヒーよりもう少し優しい味わいが欲しい時もある、と思って買ったのがこちら。タンポポの根から作るタンポポコーヒー(➕α色々入ってます)です。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00H3A1H7U/ref=ya_aw_oh_bia_dp?ie=UTF8&psc=1

まろやかで、コーヒーにあるえぐみがありません。ノンカフェインで妊婦さんや授乳中のお母さんでも飲めます。
私は基本ブラックで飲みますが、カフェオレにするとすっごく美味しいんですよ。

これで私のコーヒー体制は整いました。

どんと来い昼休み。どんと来い午後の業務。

SUMMER SALE

服を買いに行った。

夏のセールに惹かれて街に出ると、もうセールは終わりかけだった。聞くと7月から始まり、お盆までは商品を置いているがどんどん売れて少なくなっていくとのこと。

 

晩夏、という言葉がある。8月も始まったばかりだよ、まだまだ夏本番じゃないか、9月の残暑もあるし、と思っていたが、調べてみると「晩夏」は8月7日から20日頃。その頃が立秋で、それを過ぎた8月7日から9月8日頃はすでに残暑なのだそうだ。暦の上ではすでに夏は終わりに近づいている(もしくは終わっている)。

 

いつものお店に行く。そこは自社で工場を持っていて、主な商品はメイドインジャパンだ。一部委託生産をしているものもある。

社会人になってから6年半、少しずつ買っていき、今ではワードローブのかなりの割合を占めるようになった。ジーンズ・ワーク・ミリタリー・ドレスの新しい価値を表現するというのがコンセプト。デザインも素敵だが服自体も丈夫で、何年も着られるから必然的にワードローブの中で生き残ることになる。デザインは特に細部の作り込みが秀逸で、着ているだけで嬉しくなってくるほど。お値段も決して安くはないけれど、活用頻度が高く長持ちするのでコスパが悪い訳ではない。

 

Online Storeであらかじめ下見をしておいて、気になるものは品番を伝え、取り出してきてもらう。そしてその場で気になったものは秋冬の新作も含め全て試した。

夏向けのストライプのVネックのノースリーブと、ブルーが綺麗で横にスリットが開きリボンが付いているものと。リボンがあるが甘過ぎず、どこかハードな雰囲気がある。

秋冬向けは2つ。

ショップの店員さんがオーバーサイズのストライプシャツをとても素敵に着ていて、最高に垢抜けていたので自分も試してみたが上手く着こなせなかった。上級者向けだったのかな。サッシュベルトがついていて、工夫次第でどんな着方もできるようだった。

ベージュのポンチョもトライしてみた。ものすごく丈が長くて、特に後ろ側がとても長いのでこなれて見える。ありがちなポンチョデザインではない。

 

脳内会議の結果購入したのは3着。

そのうち2着は色違いで、オンオフ兼用できるもの。私の職場はオフィスカジュアルであれば何でもいいので選んだ。昨年の秋冬シーズンの残り物だったようで、色・素材ともに秋冬向け。ひとつはマスタードイエロー、もうひとつはライトグレー。わりとベーシックな形だがやはり細部が美しい。肌触りが良く、しかも毛玉になりにくい素材。秋冬に職場に着ていく服が皆無なので、これは「必要なもの」と脳内で判断された。

 

もう1着は完全にカジュアル。ラズベリー色のノースリーブで、布の使い方が面白くて立体的なデザインになっている。前からだけでなく横から見た時のシルエットが途方もなく美しい。驚きの一枚。

普段ノースリーブは全く着ないのだが、これは着てみたいと思った。

二の腕の太さは気になると言えば気になるのだが、自信がないとばかりに隠そうとしなくても良い気がした。海外の人はどんな体型の人でもナチュラルにノースリーブを着こなしていて、それがとても美しいというイメージだし(偏見)。わりと首がつまっているデザインなので、露出度が高すぎるということもなさそうだ。

 

美しい紙袋に美しいゴールドのシール。充実感を持って店を出た。

 

***

長らく休職していましたが、復職決定しました。焦らず無理せずマイペースに進んでいこうと思います。応援してくださった皆様、ありがとうございました。

BLAME!<<東亜重音7.1ch 重低音ウーハー上映>>

兵庫県の映画館、塚口サンサン劇場でBLAME!の<<東亜重音7.1ch 重低音ウーハー上映>>を観てきました。

以前もAKIRAの記事などで書いてきましたが、重低音ウーハー上映とは、その名の通り重低音が強調されて聞こえるものです。

 f:id:Elaineintherain:20170527105711j:image

無限に増殖する階層都市の中で、人類が不法居住者として機械に駆除される世界。かつては人類が機械を統治していたが、謎の疫病が流行りその力を失った。探索者・霧亥(キリイ)は人類の失われた能力「ネット端末遺伝子」を持つ人間を探している。

そんな世界に暮らす少女・づる。飢餓にあえぐ村を救うため、食糧を探しに旅に出るが、人間を駆除するロボット・セーフガードに見つかってしまう。もはや逃げられないという状況で出会ったのは、霧亥という青年であった…というストーリー。

 

いや…なんか、すごいもの観た。

CGの美しさ、登場人物の描き方、声優さんたちの演技(櫻井さん…!)(きゅん)(虐殺器官のジョン・ポールでハマった)の素晴らしさは言うまでもないのですが、ウーハーのおかげで効果音が

ドォォォオオオン!!

と椅子が揺れるレベルで響くんですよ!!そして素晴らしいBGMが最高に臨場感ある音で聞けます!!

ものすごくウーハーが映える上映です。

「音」の幸せ。いや、「音」なんてもんじゃない。「振動」です。

世界で一番良い音響で観られたとしかいいようがない。

 

ものすごく面白い映画!最高です!

関西のみんなは塚口サンサン劇場へ急げ!上映は6月16日までの予定だ!

 

www.blame.jp

あうー

腰をやられました。あうー

 

月曜日、起きたら腰が痛い。回復したかと思いきやまた悪くなったり。木曜日、鍼に行ってよしよしと思っていたらあらためて激しい痛みが走り悪化。

 

そして今、若干回復の兆しを見せています。やったね。

 

腰をやられると活動が強制停止させられる。

「復職に向け頑張らなきゃ(具体的には一日8時間外出)、気合を入れるぞう」と頑張る姿勢になって緊張して力が入ってしまったのかなあ。でもこのおかげで休めるんだとポジティブに捉えたい。身体からのSOS。普通の人から見たら、何も特別なことをしていないけど、ジムに通い始めたり、ヨガ(再開しました)に通ったり、少しアクセルをかけはじめていた。

 

へこむけど、実際のところ原因は不明なのであまり落ち込まないようにしたいです。うん、落ち込まないぞう。

 

腰痛になって良かったことは、腰痛に苦しむ人の気持ちが(若干であれ)わかったこと。ぎっくり腰(?)になったのはこれが初めて。うう、しんどい。でもこの痛みに耐えている人はたくさんいるのだなあ。腰をやっちゃった人に思いやりを持たなきゃなという気持ち。

 

あとは、お風呂が最高に気持ちいいです。あったかいのが気持ちいい〜。癒される〜。

 

とりあえず、腰痛に感謝してゆっくり休むことにします。痛みで横にならざるをえないので、スマホを思う存分にいじったりしてね(それでいいのか

お味噌マジック(あごだしみそ)

調味料を良いものにすると、びっくりするぐらい料理全体の味が格上げされますよね。

 

夫が買ってきたこの「あごだしみそ」なる一品。

www.kakoi-foods.co.jp

 

ちょっとこれ、Supercalifragilisticexpialidocious(スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)な味噌です。

素晴らしく美味しいです…!食べたことのない味。
というのは、自分の中での「味噌ってこんな味だよな」という既存の観念をぶち破ってくるような味なのです。美味しい美味しくない以前に、食べたことがない、という感覚。

 

ホームページを見ると五島列島の特産とのこと。遠路はるばる長崎県から関西の我が家までようこそお越しくださいました。ぺこり。

五島列島、一回行ってみたいんだよなあ。海が信じられないぐらい美しいらしい。 

 

そんなこんなで今日もお味噌汁を作るのが楽しみです。我が家の台所からの報告は以上です。

雲南省・麗江旅行記⑤

今日は朝から街歩き。麗江古城の中の観光スポットを歩いてまわります。

朝の古城もいい感じです。

f:id:Elaineintherain:20170507081438j:plain

f:id:Elaineintherain:20170507081451j:plain

昔学校だった雪山書院に行ってみたり、普賢寺というお寺に行ってみたり、伝統的なナシ族の家に行ってみたり…

f:id:Elaineintherain:20170507081613j:plain

トンパ文字の博物館(ナシ族象形文字絵画体験館)に行ったりしました。ここはナシ族の文字をテーマにした現代アートがたくさん展示されているような場所でした。伝統的なナシ族の分化に触れたかったなら、黒龍譚公園にある市の博物院に行った方がいいかも。

f:id:Elaineintherain:20170507081620j:plain

昼は宿のお姉さんに勧められた阿媽意というレストランへ。地元の料理を食べられるよ、ということで行ってきました。

f:id:Elaineintherain:20170507081540j:plain

 中庭で下ごしらえをする店員の人達。

f:id:Elaineintherain:20170507081458j:plain

〆はやっぱり火鍋です。麗江には火鍋の店が山ほどあります。ここのは美味しかったー!排骨というスペアリブがどっつり入っていました。

f:id:Elaineintherain:20170507081503j:plain

 

これで麗江古城の旅も終わりです。

雲南省で良かったのは、ほとんど誰も英語を話せなかったこと。英語が話せる人とは、恥ずかしさもあってどうしても英語をしゃべってしまうのです(複雑な意思疎通が簡単だから)。しかしそうも行かないので、拙い中国語を必死に話すことになりました。自分が言っていることはだいたい相手に通じたのでそれには感動したのですが、それに対し中国語で返されると全くわからない。しかもみなさん、こちらがわからなくてもガンガン中国語で話してきます。何かにつけ「我说得中文不好,所以都听不懂(私の中国語は下手なので、聞いてもわからないのです)」と言わなければならないのが悔しくてたまらなかったです。さらに勉強が必要だなあと感じました。

そして外国人観光客が少なく、中国人観光客ばかり。ほとんど日本人も見かけませんでした。だから、変に外国人観光客に媚びているところがありません。

 

麗江はとても良い街でした。とても良い街でした(大事なことなので2回言いました)。もし麗江に行かれる方がいらっしゃったら、参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、雲南省料理は辛いものも多いのでご注意を…

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

雲南省・麗江旅行記④

翌日は束河古鎮という村にあるBanyan Treeという高級ホテルでナシ族料理の料理教室に参加してきました。

以前、ラオスルアンパバーンに行った時料理教室に参加して、あまりにも楽しかったので今回も参加することにしたのです。

高級ホテルで敷地が広い!美しい!

f:id:Elaineintherain:20170507081155j:plain

屋外に設置されたクッキングスペースで調理します。地元の河が黒い鶏肉(茹でてある)を割いて、コリアンダーを切って、お好みで唐辛子を加え、辛くて酸味のあるソースを混ぜ混ぜします。

出来上がった写真です。辛い!口の中が火を噴く!辛いソースは半分でもよかったかなあ。でも思い出に残る味でした。美味しい。ご飯(お米)も無料で出てきます。

f:id:Elaineintherain:20170507081210j:plain

お値段は二人で380元(約6840円)。少し高めかと思いましたが、アフタヌーンティーまで無料で楽しめたので多少お得感はありました。それにしても、アフタヌーンティーは二人のうち一人分はタダにしてくれるという話だったのに、何故か一切請求されず…サービスだったのか、向こうの間違いだったのかはわかりませんが、とにかくカフェオレとケーキが無茶苦茶美味しかったです。

 

f:id:Elaineintherain:20170507081229j:plain

広大な敷地で、ゆったりした雰囲気でこれ以上ないほどリラックス!!

その後は古い街並みである束河古鎮を散策。やはり商業化されている部分はありますが、良いところです。

 

夜はまた麗江古城を街歩き。初日に行ったレストランに再び行きました。

f:id:Elaineintherain:20170507081334j:plain

f:id:Elaineintherain:20170507081400j:plain

今度はキノコと青菜の炒め物、ナシ族スタイルのパンを頼み、さらにビールを頼みました。このビールがめちゃくちゃ美味しかったんだけど写真に撮り忘れた…うまままま。このサイトに書いてあるSon Ghaというビールが最高にうまかったです。スッキリした、キリリという味。これはアルコールが5.2%ぐらいあります。

Our Beers - Shangri-La Beer

こうして麗江の夜は更けていくのでした。

 

私は昨日の疲れもありホテルで休んでいましたが、夫は一人で散策チャレンジ。宿の人に紹介してもらった、二百年の歴史を誇るお茶屋さん(福興昌茶荘)でプ―アール茶を買ってきました。いいお値段しましたが、飲んでみると確かに感動的に美味しい。プ―アール茶を売る店は数あれど、ここのお茶は格別な気がします。プ―アール茶には生茶と熟茶があり、私は熟茶特有の癖が正直苦手なのですが、ここのは癖がなくすっきり飲める。やはり良い茶葉は違うのでしょうか。。。

f:id:Elaineintherain:20170510063259j:plain

 ちなみに、宿の人曰く、プ―アール茶の生茶(癖がない)は食後に飲むもので、ダイエット効果があるそうです。熟茶はいつ飲んでも良いそう。雲南省はお茶で有名な場所なので、買うっきゃありません。ちなみに雲南省ではコーヒーも採れるそうで、それもばっちり買ってきました。日本に帰ってきてから飲んでみましたが、感動的に美味しかったです。お茶好き・コーヒー好きには天国のような場所でした。

 

次の日はいよいよ麗江での最終日です。