10:44 AM

いれーんの日記。旅好き、猫好き。

オンライン中国語(台湾華語)ってどうよ

10月から、skypeを使ったオンライン中国語レッスンを受けています。

オンライン中国語は色んな会社がやっていますが、私が勉強したいのは中国本土の中国語ではなく台湾の中国語(台湾華語、台湾国語)なので、それを専門にしているところを選びました。

 

台湾華語教学センター

https://taiwanchinese.net

 

レッスンは一回50分、1859円(税込)。チケットを買って、それを使って予約していくシステムです。レッスンは3日後以降の日時から予約可能、12時間前までならキャンセル無料。

登録している先生の数も多いです。

ぶっちゃけ、中国本土の中国語を教えるオンライン教室なら、もっと安いところがいっぱいあります。(ただ、先生方が中国語教師の資格を持っているかまではわかりません。)

でも私は、中国語を教える資格のある先生から、台湾華語を学びたかった。中国語本土は簡体字を使いますが、台湾は繁体字(簡略化される前のトラディショナルなもの)です。その上、発音がかなり違います。具体的に言うと声調が結構違うし、軽声がほとんどありません(元の字の声調で読みがち)。

留学した際、プロの先生に教わって、単にネイティブから教わるのとは段違いだと知りました。文法事項の説明はクリアだし、発音はとても「標準」だし、生徒が知っているであろう単語だけで全てを説明してくれる。

調べたところ、台湾華語を学ぼうとすると、オンラインレッスンが1回3800円とか、3000円とか…とにかく調べた中ではここが一番リーズナブルでした。

 

登録している先生はたくさんいるのですが、中国語教師の資格を持っていて、開講時間帯が合う先生を見つけまして、その人にずっと習っています。(毎回先生を変えることもできます)

私は中国語で中国語を習っていますが、先生によっては日本語ができる方もいるようです。

 

私は「台湾の大学院進学のために中国語を勉強したい。最終的にはTOCFL Level3を取りたい」と初回授業で先生に伝えました。先生は最初に簡単なレベルチェックテストをして、多分今のあなたはLevel2ね、じゃあ師範大学のテキストを使っていきましょうと言いました。私は師範大学に留学していたので、学習内容がかなり繋がっていてホッとしました。教科書は留学時に今後の勉強のため買っていたので、それをそのまま予復習や授業でも使っています。

私が使っているのは當代中文課程の2冊目です。前半部分は留学で習ったことと被っているため、途中からスタートしています。

f:id:Elaineintherain:20200118023735j:image

なお、この教科書、各文に英語訳が付いているし、文法解説も英語で書かれているのでめっちゃラクです。

 

授業のおおまかな流れとしては、単元ごとに

・対話に出てくる新出単語のチェック→それを使った作文、それにまつわる若干のフリートーク

・ダイアローグ(対話)の音読、発音チェック

・文法事項の確認、説明、例文音読、練習問題での作文

・短文(短い読み物)に出てくる新出単語のチェック→それを使った作文

・短文の音読、発音チェック

・留学中であれば生徒同士でグループディスカッションをするような内容を先生と2人で考える(単元の後半部分にそのような課題あり)

・宿題

・場合によっては新出単語の書き取りテスト

・単元が終わるごとにテスト(要復習)

 

という感じです。

私は毎回予習して、あらかじめ新出単語に目を通し、対話や短文で音読ができるようにわからない単語には拼音を振り、文法の箇所については目を通して練習問題をやり、わからないところがあれば質問を準備。その上宿題やテストの準備もしなければならないので、授業外での勉強もバッチリサポートされています。

文法的な説明も丁寧でわかりやすいし、質問にはわかりやすく答えてくれるし(=私のようなレベルの人間でも知っている単語を使って答えてくれる)、フリートークでは台湾の文化も教えてくれるし、とにかく中国語教師の資格を持っている先生で良かった…!という感じです。

宿題やテストなど、授業がきちんと構成・準備されていて値段だけの価値はあるなあと思います。

 

実は以前、某オンライン英会話を受けていたことがあるんですが、先生は色々だし、英語教師の資格を持っているかは怪しいし、こちらから指定した教材の予習はしてこないでその場で見て教えるし、宿題やテストはなかった(先生を授業ごとに変えるのが前提だからなのでしょうが)ことを考えると、天と地ほどの差があります。

まあ料金全然違いますけどね。

 

「TOCFL Level 2受かりました、次はLevel 3を受けたいです」と言ったら、「TOCFL専用の勉強に切り替える?」と聞かれましたが、私はそのままこの教科書を進めてもらうことにしました。HSK4級を受験して思いましたが、資格取得から見ると一見遠回りでも、意外と近道になっていることは多いなと感じています。ひとつひとつの文法習得に時間をかけるので、HSK4級の並べ替え問題(文法の理解を問うもの)の正答率が上がりました。また、ひたすら作文をさせられるので、HSKの作文問題に対する心理的ハードルがグッと下がりました。

まあオンラインレッスンでも作文はめっちゃ添削されますけどね〜〜そういう積み重ねでしか上達しないかなと思ってます。

 

私はだいたい週2回受講しています。主に予算上の制約に寄るものですが、予復習の量がそれなりにあるので、自分にはこのペースが合っていると感じます。

 

中国本土の中国語ではなく、台湾華語(台湾国語)を勉強したい方の参考になれば幸いです。

拜拜👋

HSK4級受験記(結果はまだ来てない)

TOCFL Band Aを受けたのが11月24日。

うーん、このまま日本語解説ゼロの状態で次のレベルを受けるのは心許ない。

そうだ、HSKを足がかりにしよう!

と4級に申し込んだのが11月末。

ちなみに4級で必要となる単語は1200語です。5級が2500語、6級が5000語。

 

HSKは中国政府公認の資格。簡体字の試験です。(作文では繁体字も使用可能)

受験者も多く、幸いなことに各級ごとに公認テキストと過去問集が出ています。

留学やオンラインレッスンで、中国語で中国語を勉強するのは勿論勉強になるけど、日本語で中国語を勉強すると、細かいニュアンスの違いとか、日本語ではこう表現するけど中国語ではこうだよとか、日本人の間違えやすいポイントとか、2つの言語の違いを意識しながら勉強できるメリットがあります。

HSKにはなんと公認の単語アプリもあるので、語彙力向上も狙ってました。

 

…だったんですが。

すみません、言い訳させてください。今回当日含め3日しか勉強してません。

12月初めから、妊活の為の服薬調整で、ある薬を断薬したら、完全に寝たきりになってしまったんです。朝から晩まで寝ていて、そもそも身体を起こしているのがしんどい。椅子に座れるのはご飯を食べる時だけ。家事も一切できない。況や勉強をや。年末年始の帰省で追い込みをかけるつもりが、とにかく横になっていざるを得ませんでした。少しだけ調子の良い日に過去問を2回分やりました。

試験当日、朝早くの試験だったので行けるか不安でしたが、無理矢理身体を引きずって受けに行きました。

f:id:Elaineintherain:20200117202720j:image

ものすごく助かったのが、この公認単語アプリ。4級は700円ぐらいだった気がします。各単語に漢字、拼音、例文、更に音声もついていて、テスト機能もついてるし、苦手な単語を登録しておいて、後からその単語だけを復習することもできる。寝ながらでもスマホで勉強できるのは、大きな助けとなりました。

f:id:Elaineintherain:20200117202949p:image
f:id:Elaineintherain:20200117202945p:image

過去問の1回目を解いて「マジで何言ってるかわからん」状態だったのが、単語アプリをやったらキーワードだけ聞き取れるようになりました。そして幸い(?)HSK4級の問題はあまりヒネリがなく、キーワードを含む選択肢を選べばだいたい正解になってます。それで正答率が上がりました。

でもなー、そんな小手先のテクニックで正解しても別に嬉しくないよなー。キーワードは聞き取れても会話全体が何言ってるかちんぷんかんぷんなんです。過去問5回分全部解いて、更にそれを解き直して…とまでやったら相当聞き取れるようになると思うんですが、今回は完全に時間切れでした。

読解は、日本人にとっては「漢字だから読んだら何となく意味がわかる」部分が多いです。関連詞(接続詞?)は頭に入れておかないと並べ替え問題は解けませんが、全体的にヒネリがなく素直な問題が多いので、漢字圏に住む日本人にとっては大いに得点源になると思います。

書写(作文)試験は単語の並べ替え問題と、絵を見ながら指定された単語を使っての自由作文。これはオンライン中国語でひたすら文法問題を解かされたのと、新出単語が出るたびに作文させられていたのが効きました。私は台湾人の先生から中国語で中国語を習っていますので、何があっても中国語を話さざるを得なかったことが大きかったと思います。留学中も中国語オンリーの環境で、とにかく失敗を恐れずにどんどん発言させられたのも良かった気がします。

 

結果は2月20日頃オンラインで出るので、まだ受かってるかは不明です。でもTOCFLへの足がかりになったかと言えば微妙。HSK3級は中国語文法の基礎を包括的に網羅しているため足元を固めるには良いと思いますが、4級で追加された文法事項はそれほど多くなかったような…。単語を覚えても全部簡体字だし、中国本土と台湾では発音が微妙に違うことがよくあるので、本来ならば簡体字で単語を覚える度に、繁体字と台湾での発音も学ぶべきだった。でもそれだけのリソース(体力とか)が自分に無かった。しばらくは繁体字の問題集とか教科書を地道に勉強して、ある程度まで進んだらHSK5級を腕試しに受けてもいいかなあと思っています。

 

何よりも健康第一だと実感した試験でした。

拜拜👋

TOCFL Band A受験記(Level 2取得)

中国語の検定試験で有名なのは、中国語検定やHSKですよね。どちらも簡体字の試験です。(HSKは作文で繁体字の使用もOK)

 

台湾に留学した時、TOCFLという試験を紹介されました。

試験がBand A, Band B, Band Cに分かれていて、成績に応じてBand AならLevel 1か2、Band BならLevel 3か4、Band CならLevel 5か6に合格します。Level 6が最高です。作文は無く、リスニングと読解の選択問題のみで構成されています。トータルで何割取れれば合格、ではなく、リスニングと読解の低い方の点数に取得レベルが引きずられるので注意が必要です。

中国語検定やHSKとの難易度対照表も公式に記載がありますが、あまりガチガチに考える必要はないと思います。例えば、Level 2はHSK4級相当とされていますが、私は3級しか持っていないまま受験して合格しました。試験のクセや出題単語が異なるので一概には言えない気がします。ちなみに公式ではLevel 4がHSK6級程度とされているので、その更に上のレベルもTOCFLにはあることになります。

それよりも目安になるのは出題される単語量で、Band Aが1000語、Band Bが5000語、Band Cが8000語です。HSK6級が5000語ですよ。Level 2を取れたので次はBand B受けようかなあと思ったら、いきなり4000語を覚える必要が出てくるんです。エグくないですか?

しかも単語帳などがありません。公式で公開されている8000語のエクセルファイルがあるのみです。これ、日本語訳つけて単語帳にしたら売れるんちゃうかな…

 

何故TOCFLを受験しようと思ったかというと、台湾の大学院に進学するためには(英語のみのコースは多分要らないけど、中国語で授業を受けて論文を書こうと思ったら)TOCFLの取得が必要になってくることが多いためです。まあ院進学なんて夢物語ですが、チャンスが来た時に掴めるようにしておきたい。ちなみに、気になっている学科はLevel 3の取得を義務付けています。なお、余談ですが、そこの学科は推薦状も2通必要となり、なおかつ1通は中国語力を証明するものでないといけないため(中国語の先生に書いてもらうのかな?)、院に進学する前にどこかの大学に語学留学して、書いてもらう必要が出てくると思います。私が大学を卒業したのは遥か昔なので、当時の先生に書いていただく訳にもいきませんしねえ…

 

さて、合格までの勉強方法です。

っていうかね、マジでTOCFLは対策が立てづらい💢💢💢

HSKは公認のテキストと過去問集が日本語で出ていて、それをやればいいじゃないですか。

TOCFLはそもそも参考書があまり無い。TOCFLの日本事務局が参考書をいくつか紹介してるので、Band B向けを含めて何冊か買ってみましたが、どれも解答のみで解説はゼロ。英語の解説すら無い。況や日本語をや。全くもって自学自習に向かない試験です。台湾で探せば他の参考書もあるのかもしれませんが…オンライン中国語の先生に良いリスニングの問題集がないか聞いてみても、「全然無い。模試をやるしかない。むしろ台湾のTVドラマを一生懸命観ろ」とのことでした。

 

では、実際にどうやって勉強したか?

TOCFLでは模試が無料で3回分公開されています。問題文と、リスニングのスクリプトと、解答と、正答数に応じてどれだけ点数が取れるかの表が公開されています。例の如く、解説はありません。それをやって、わからないところは台湾人との言語交換の場で全て解説してもらいました。

言語交換は、それぞれの言語を学ぶネイティブ同士が、お互いに教え合うという勉強方法で、私はJCinfoというサイトで相手を探しました。相手とどこで会って勉強したいか、都道府県まで選べるので便利です。

 

公式?から出ている模試問題集も買ったんですが…

f:id:Elaineintherain:20200117193830j:image

2300円もするから、きっと何回分も入ってるだろうと思うじゃないですか。1回分しか入ってないんですよ。しかも台湾で買うと300元(1100円ぐらい)なのに日本で買うと2300円。倍の値段かよ!更にひどいのは、無料公開されている模試とほぼ問題が被っていたこと。台湾からの送料と扱ってる会社のマージン考えてももっと安くていいんじゃないですかね(怒)それか日本語解説つけて付加価値つけるとか…基本的にオンラインからの購入なので実物が見られなくて消費者側としては不利です。

 

試験の難易度ですが、リスニングが速い。HSK4級より速い。しかも拼音(注音か)全部ちゃんと発音してないでしょ⁈と言いたくなることが度々。簡単な問題は2回ずつ読まれますが、リスニングの最後10問くらいは会話も長いし内容も難しいし1回しか読まれません。キーワードを聞き取れれば何とかなる問題でもないので、包括的な理解が求められます。

読解も、簡単な問題から難しい問題まで揃ってますが、文法問題もHSKで問われる内容とは違うし、長文も「漢字だから読んだら何とかなる」ものではなく、多少ヒネリが効いていて理解力を問われます。

 

無料公開模試3回分+模試問題集1回分をだいたい2回ずつ解いて、本番に挑みました。

…模試と全然問題が被ってなああい!!(ダーン!!)(机を叩きつける音)

私が勉強してきたのは何だったのか?

HSKは割と過去問と被っていたりして、勉強しただけ報われる感がありますが、TOCFLは…あまり報われない…

毎回真面目に問題を作ってるんだなあ(年4回もあるのに)とは思いましたが、解いている間中ヒヤッヒヤ。

読解は模試に比べ比較的簡単だった気がします。

 

そして結果発表〜!!(実施日から45日前後で自宅に郵送)

f:id:Elaineintherain:20200117200203j:image
f:id:Elaineintherain:20200117200159j:image

じゃじゃーん!!

2級に合格しましたー!

台湾の教育部といえば向こうの文科省的な立ち位置。教育部長のお名前ということは、文部科学大臣のお名前でいただいたのと同じこと…?

リスニングが80点中76点、読解が80点中77点。当てずっぽうで答えたやつが当たってたかな。

台灣朋友謝謝教我中文~!

正直、留学とかオンライン中国語とか模試とか言語交換とか、何が効いたのかはわかりません。でも結果受かって良かった。

私が目指しているのは次なるLevel 3です。

私はハイになると参考書をやたら買う癖があり、問題集は揃ってるんですよ。

f:id:Elaineintherain:20200117201631j:imagef:id:Elaineintherain:20200117201637j:imagef:id:Elaineintherain:20200117201640j:imagef:id:Elaineintherain:20200117201646j:image

あ、あと公式から出てる模試のやつも(笑)

オンライン中国語を継続して受けつつ、自分で問題集解きつつ言語交換で台湾人に教えてもらいつつ、細々とでも続けていければいいなと思います。

今年の目標は、留学中に先生に言われた「慢慢學」!焦らずじっくりゆっくりと、ただし歩みは止めずに行きたいです。5月か8月にBand Bを受けられたらいいですが、それも体調次第ですね。

Band Bに効果的な勉強方法が見つかったらまた記事に書きますね!!

拜拜👋

【まんが】こうして今回も生き延びた

f:id:Elaineintherain:20191213124532j:plain

f:id:Elaineintherain:20191213124542j:plain

f:id:Elaineintherain:20191213125205j:plain

f:id:Elaineintherain:20191213124600j:plain


はじめてパソコンで漫画を描いてみました。使用しているのはフリーソフトのMediBangです。

小中学生の頃、ペンで原稿用紙に描こうとして何度挫折したことか!

便利な時代になったもので、ものすごく早く描けるようになりました。集中線の機能とか、涙モノだよ。

 

元々調子が悪かったところ、妊活のため1種類薬を断薬した結果、10日間ほど寝込んでしまいました。

朝も昼も夜も眠りました。

予定は全て直前にキャンセル。家事も一切できない、家から一歩も出られない。

まさに要介護状態でした。

そうしていると、自然と(?)希死念慮も出てくるもので、生きている価値がない、辛い、みんなそれぞれの道で頑張っているのに私は…という気持ちになります。

 

自覚がありますが、私は自己実現欲求の強い人間です。

もっと言えば、「キャリア追求型」でいたかった人間です。

元を辿っていけば、中学時代にいじめられて「くそう、こんな奴らより将来私はもっと良い境遇になってやる」と思ったことが始まりだと思います。

とはいえ、競争に勝ちたいというよりは、何か自分にとって興味のあることを見つけ、それに全力で邁進することに意義を見出します。

ところが、なかなか頑張れない自分もいるもので。

全力で何かに打ち込めない自分、頑張れない自分、無能な自分を否定しがちです。

ただでさえそうなのに、病気のせいでさらに行動に制限がかかってくると、やってられなくなります。

 

「何回も何回も死のうと思っては乗り越えてきているけど、それに意味なんか無いんじゃないのか」

今回どろどろの怪物になりながら思ったことはそれでした。

電車に飛び込むことも考えました。

 

それでも、twitterでのフォロワーさんの言葉や、facebook経由で心配して連絡してきてくれた人の言葉を支えに、なんとか乗り切りました。

本当に本当の最後に、踏みとどまらせてくれるのは、誰かの言葉です。

 

もし、あなたが双極性障害などの精神疾患に苦しんでいるなら、twitterなどで他の患者さんと繋がってみてほしい。

同じ病気に苦しむ方からの言葉は、健康な方からの言葉とはまた違って聞こえてきます。

 

眠って眠って眠り続け、ある日、「腰が痛いなあ」「なんか寝るのに飽きたなあ」と思いました。「はー、しんど。」とマッサージの予約を入れ、なんとか家の外に出ることができました。

そこからは多少回復の兆しを見せています。(近所に外出したり、漫画を描ける程度には)

医師と相談し、いきなり断薬するのではなく、ごく少量を飲み続けるようにしたことも、関係していると思います。

どうにもこうにも、思うようにならない病気ですが、助けてくださった皆さんには本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

※「facebookで他人と自分を比べて落ち込んでいるのに、どうしてわざわざfacebookに助けを求めるような書き込みをするの」と言うツッコミもいただくかもしれません。

facebookではありとあらゆる人と繋がっているし、繋がり方は様々だし、たとえ自己実現に邁進していたり人生を思う存分楽しんでいる人であろうと、とにかく助けてほしかった。その助けを求める手段は、私にとってはfacebooktwitterだった。ということになります。

ただ、facebookでは病気をオープンにしていないので、希死念慮のことについては書いていません。

これまでのあらすじ(退職しました)

おはこんばんちは。お久しぶりです。

前回ブログを書いてからはや4ヶ月。

あれから色々、色々、色々ありまして、

GWに中国(北京と桂林)に行って、

その後会社を辞めました。

そして3週間の留学に行きました。

今は無職です。

専業主婦という言葉については、ちゃんと家事をやってそうなイメージがあって苦手です。してない。

 

いやはや。

この病気を抱えてて、これだけ症状が重くて、休職もしてどれだけ薬をあれこれ試してもコントロールできなくて、それが何年も続いてて、良くなる見込みも無くて、フルタイムで会社員として働くの無理よ。

という結論に達したんです。

2回休職して2回復職して、休みがちすぎて人事に嫌味を言われようが頑張って頑張って会社員を続けてたんですが、もう、1日休んだら明日は行けるかもみたいなレベルではいられなくなり、もう無理です、となって自宅療養の診断書が出たあたりで心が折れました。

私、もう戦えない。

 

留学は休職中の頃から行きたいと考えていて、行くなら一年ぐらいで、一時期は大学の募集要項をチェックし寮がどんな感じかとか、入れない場合はどうやって家を借りたらいいかとか調べてました。

それでも行かなかったのは、仕事に行けないのにどうして学校に通えるのかというのも勿論あったんですけど、アラサー女性で、正社員で、総合職として就職することの難しさを、多少なりとも人事っぽい採用の仕事に絡んだおかげで知っていたからです。

あのね。本当に日本企業はクソ。

前の会社がクソだっただけかもしれんけど。

超日本企業のメーカーの場合。

女性で、総合職で、子供産んでも働けますなんて、新卒採用の人間にしか開かれてない道だったの。

総合職の中途採用は全員男性だし。

女性で採るのは、アシスタントのポジションのみ、正社員ではなく有期雇用(しかもひどい待遇)、それも、子供を育てても実家のサポートが受けられて残業に耐えうる人だけ。

 

うちの実家、他県なんですけど⁇

 

新卒以外の女性の面接の後、その人が20代だと、今後結婚・妊娠・出産などのライフステージが見込まれますがこの人どうしますか、なんて平気で男性人事が言うの。私がいる前で。

当たり前だろ、テメェも家族持ちだろがボケが(怒)

その人が産休育休で穴が空いたら代替要員探すのもテメェの仕事じゃ(怒)

と、内心怒り狂ってたんですが、それも企業の本音だろうなと思ったり。ほんとーにクソクソのクソ。(その他、採用関係で人事から受けたセクハラ発言について書くと原稿用紙が何枚あっても足りない)

夫は子供を望んでるし、子供を産んでも働くなら、今のポジションにしがみつくしかないと思ってた。

幸い、うちの部署には子供を育てながらもバリバリ働く女性がたくさんいた。その人たちは評価も高くて管理職にもなっていた。

その中だと相談もしやすいし、子育てに限らず何か事情(介護など)を抱える人が複数いる中でいかに支え合い、誰かが急に休んでも耐えうる体制にしておくか、チームとしてきちんとパフォーマンスを出すか、ノウハウを持っている人がいるのは心強かった。

子供を産んでも働くなら、うちの部署は働きやすいと考えていた。

 

あと、女性は経済力が無かったら、家庭内での発言権が弱くなると思ってた。

女性の家庭での地位は経済力に比例する。

これはうちの両親を見ていて感じていたこと。

 

だったんですが。

2年半以上休んで、それでも病状が良くならなくて、もう、諦めるべきなのではないかと思いまして。

総合職として働き続けて、経済的に自立し続けるのは夢だったけど、夢破れたことを認めるべきじゃないかと。

 

あと、病状がひどくなり、身体が全く思うように動かなくなったのと同じくして、本当にこの会社で、この部署で働き続けるのが自分にとって良い働き方なのか?ということを考えるようになりました。

中国に旅行して、英語が話せるホテルのスタッフやガイドさんに助けられ、感動的な滞在をすることができ、私も英語を使って誰かに感動を与えたい、みたいな気持ちになりまして。

そのスタッフやガイドさんたちは、別に完璧な英語が話せる訳じゃない。

でも、英語があまり通じない中国という土地の中で、英語が話せることが彼らの仕事に繋がっていて、それが旅行者である私をこんなにも助けてくれた。

私自身、これまで通訳や翻訳の仕事には興味を持っており、スクールにも少し通った経験がありまして、ほぼ完璧な英語を話したり書けなければ通訳や翻訳としての仕事は出来ないと思っていましたが、完璧な英語じゃなくても誰かを助けることはできるじゃん。と気づいたのです。当たり前だけど。

で、別に、フルタイム以外の働き方もあるんじゃない⁇

パートタイムとか、フリーランスとか。

人を助けるなら、ボランティア、っていうやり方もあるよね。

今の会社だと、病気のため残業ができないし、子育てで更に残業が難しいと、多分何年も海外対応は無理で(時差があるから)、完全ドメスティックな仕事か、バックオフィス的な仕事か。就業が不安定だからメインの仕事を任せてもらえるようになるには、かなり長い時間がかかる(当たり前)。別に国内・社内向けの仕事も、雑用っぽい仕事も嫌いな訳じゃないけど、でも、それが本当に自分のベストな活かし方なのか?海外対応させてもらえたとしても、それは本当にやりたいことなのか…?

 

と、悶々してるうちに、ああ…なんかもう台北に一ヶ月ぐらい滞在してみたい…みたいな気持ちが出てきて、ふと、台北に住んでる友人にコンタクトを取ってみたら、どうせなら留学しない?と言われて大学の短期留学プログラムのURLが送られてきたのが全ての始まり。

募集開始日がなんとその翌日。

中国語の授業は毎日午前中のみ、午後は文化授業とか校外授業とかがあるけど毎日じゃない。3週間なら、しかもこのゆとりのあるプログラムなら、もしかしたら体調もなんとか保つんじゃ⁇修士を取るとかじゃないから、やっぱり身体が思うように動かなくてダメだったらダメだったでしょうがないし、その際の金銭的ロスが(長期留学に比べて)少ないよね、と、ポーンと応募してしまいました。

その後は医師に退職の意思を告げ、上司に退職の意思を告げ(留学に行くとは言ってない)、特に反対もされず(まあそうだよね)、淡々と退職の手続きを行い、退職しました。

留学があるから、辞める決心がついたというか。無かったら多分またズルズルと休職していたと思います。

 

今でも退職して良かったのか?と考えることはあります。収入が無いから。

ただ、相も変わらず身体が全く動かず布団にこもっているしか無い時、自己嫌悪で死にたい気持ちになりながら上司に今日休ませてくださいと言わなくてもよくなったのは良かったと思います。

思い切って辞められたのは夫がいてくれるおかげなので、夫に感謝です。合 掌

 

QOL爆上げ生活②(俵屋旅館の石鹸)

前回書いたのが3月⁈

あれから色々ありましたが連載を続けたいと思います。

第2弾は石鹸です。

 

商品名はSavon de Tawaraya、京都の俵屋旅館で使われている石鹸です。

俵屋旅館の主人と花王が共同で作りました。

京都のギャラリー遊形というお店でのみ買えます(電話・FAXでの取り寄せは可能)。

3個入り、6個入り、12個入りがあります。

f:id:Elaineintherain:20190716143139j:image

これは3個入り。

石鹸の表面には旅館の名前が。
f:id:Elaineintherain:20190716143042j:image

裏には花王のマーク。
f:id:Elaineintherain:20190716143045j:image

ベルガモット、ローズ、サンダルウッド、ジャスミン、パチュリ、ラベンダー、ラブダナムなどの天然香料に、ムスクなどの香り、200種類以上をブレンド

この香りが良い〜〜〜〜〜のです。

ちょっと「和」を感じる奥深さ。

外で辛いことがあっても、家に帰ってこの石鹸で身体を洗えば心も一緒に洗われます。

お風呂タイムのQOLが爆上がり。

まさしくこの連載に相応しい逸品です。

私は12個入りを取り寄せて使っています。

 

俵屋旅館といえば一泊何万円もすることで有名ですが、こちらの石鹸は3個入りで800円弱(正確な値段を忘れました、すみません)。一個あたり200円台で購入可能とコスパは抜群。一個2500円もする高級石鹸があることを考えると、これは奇跡としか言いようがありません。

また、「京都でしか買えない」(取り寄せは可能ですが)というのもポイントで、お土産にぴったり。例えば東京で知人に会う時。東京って、有名なもの、上質なものはだいたい揃っていて、「東京の人に関西のお土産を買って行ったら実は池袋の百貨店にもあった…」みたいなことになりやすいのですが、これは東京では売っていない。稀有な商品です。

もちろん、その他の地域の方へのお土産にもオススメです。

QOL爆上げ生活①(花とコードレス掃除機)

お久しぶりです、いれーんです。

体調を崩しがちな季節の変わり目ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は再び復職し、人事に「お前あんまり休むとクビな」と言われながらも、会社員を続けています。

 

さて、私の持病である双極性障害はハイ(躁または軽躁)とロー(鬱)を繰り返す病気ですが、その症状の出方は人それぞれです。

私の場合、ハイの時は、お金を使いたくなります。

 

酷い時はお札がただの紙ペラに見えて、気がつくと恐ろしい額を使っていたりするのですが、お金を使うと一口に言ってもレベルが色々あり、生活必需品を買う、嗜好品だけど絶対消費するもの(我が家であればコーヒーや紅茶)を買う、体型の変化で着られなくなった服を買い換える(泣)、別になくても生きられるものを買う(アクセサリーやポイントメイク用コスメ等)などがあると考えます。

それぞれのレベルで色んなものを買っていますが、ただお金を使うだけでもブロガーとして勿体ない気がするので、ストレスフルな中でもQOLを爆上げする買い物をこれからの記事でご紹介していきたいと思います。

予算は2,500円です!

 


さて、最初は、花です。

ハイ。いきなり出てきました、「無くても完全に生きていけるモノ」。

f:id:Elaineintherain:20190324211239j:image

今回の花束は「ひたすら元気を出したい」をテーマに、花屋さんでオレンジ系を中心に花を選んでもらいました。

 

花は無くても生きていけるし、いつか枯れてしまうものですが、

そこがいいんです(キリッ

ある意味、最高の贅沢です。

花があると、部屋が一気に明るくなります。

生花はいつか枯れてしまいますが、その儚さこそが尊いし、いつまでも場所を取って収納に困ることもありません。

 

人間とは異なる、「ただただ生きている」他の生物が家の中にいることは、意外にも精神力の回復に効きます。

これはペットを飼っていらっしゃる方にも同意いただけるのではないでしょうか。

うちの実家には猫がいますが、彼らを見ていると、ただただ生きることの尊さを感じます。

 

この花束は2,100円(税込)。

花屋のおばちゃんが「自宅用だったら長さ揃えなくていいよね!自分で適当に切っておいて!」と適当なことを言ったので、センスのない私が適当に長さを揃えた結果花々がそれぞれ好き勝手に咲いている感じになりましたが、それはそれで良い気がしています。

花屋さんは基本的に一輪から買えるので数百円からトライできますし、予算とイメージ(ピンク系とか)を伝えれば適当に花束を作ってくれます。

元気がない時に花を飾るのはオススメです。

 

ちなみに、写真に映り込んでいるマキタのコードレス掃除機は2,500円では買えませんが(現在の価格で約3万円)、これは、QOLが、爆上げされます。

確実に、です。

新幹線の車内清掃でも使用されているとの噂。

 

私は家事の中で掃除が一番嫌いで、掃除機をかけるのも大嫌いでした。部屋の中を掃除する際に、コードの長さが足りないのでプラグをどこかのコンセントに差しては抜き、また別のコンセントにプラグを差しては抜き…また、掃除機本体もスムーズに動いてくれればいいのですが、大体壁とか色んなところに引っかかったり、ひっくり返ったり。

コードレス掃除機は、これら全てのストレスから解放されます。

マジです。

 

去年購入しましたが、掃除機をかけようとする時の「部屋が汚いなーでも面倒くさいなー嫌だなー」という精神的ハードルがかなり下がりました。

これって、自分の調子がローの時に地味に効きます。

いつでも元気いっぱいな人は別にいいですが、私のように体調に波のある人間にとっては、家事はいかにハードルを下げるかが勝負です。

コードの抜き差しもないし掃除機本体を連れ回す(?)必要がなくなり、実際に掃除機をかける時間も短縮されている気がします。

 

コードレス掃除機って、家電量販店で買おうとしても(当時は)各社かなり良いお値段したのですが、「何故か量販店には取り扱いが無い(業務用だから???)が、ネットでは買えるマキタのコードレス」はその中でも非常に手の届きやすい価格で、購入してホントに良かった!と思っている家電のひとつです。

 

コードレスを買おうと言い出したのは夫で、私は「今持っているものがまだ動くのに、なんで新しいのを買わなきゃいけないの」と反対したんですが。

ごめん、夫。

マジで感謝してます。