10:44 AM

いれーんの日記。旅好き、猫好き。

これまでのあらすじ(退職しました)

おはこんばんちは。お久しぶりです。

前回ブログを書いてからはや4ヶ月。

あれから色々、色々、色々ありまして、

GWに中国(北京と桂林)に行って、

その後会社を辞めました。

そして3週間の留学に行きました。

今は無職です。

専業主婦という言葉については、ちゃんと家事をやってそうなイメージがあって苦手です。してない。

 

いやはや。

この病気を抱えてて、これだけ症状が重くて、休職もしてどれだけ薬をあれこれ試してもコントロールできなくて、それが何年も続いてて、良くなる見込みも無くて、フルタイムで会社員として働くの無理よ。

という結論に達したんです。

2回休職して2回復職して、休みがちすぎて人事に嫌味を言われようが頑張って頑張って会社員を続けてたんですが、もう、1日休んだら明日は行けるかもみたいなレベルではいられなくなり、もう無理です、となって自宅療養の診断書が出たあたりで心が折れました。

私、もう戦えない。

 

留学は休職中の頃から行きたいと考えていて、行くなら一年ぐらいで、一時期は大学の募集要項をチェックし寮がどんな感じかとか、入れない場合はどうやって家を借りたらいいかとか調べてました。

それでも行かなかったのは、仕事に行けないのにどうして学校に通えるのかというのも勿論あったんですけど、アラサー女性で、正社員で、総合職として就職することの難しさを、多少なりとも人事っぽい採用の仕事に絡んだおかげで知っていたからです。

あのね。本当に日本企業はクソ。

前の会社がクソだっただけかもしれんけど。

超日本企業のメーカーの場合。

女性で、総合職で、子供産んでも働けますなんて、新卒採用の人間にしか開かれてない道だったの。

総合職の中途採用は全員男性だし。

女性で採るのは、アシスタントのポジションのみ、正社員ではなく有期雇用(しかもひどい待遇)、それも、子供を育てても実家のサポートが受けられて残業に耐えうる人だけ。

 

うちの実家、他県なんですけど⁇

 

新卒以外の女性の面接の後、その人が20代だと、今後結婚・妊娠・出産などのライフステージが見込まれますがこの人どうしますか、なんて平気で男性人事が言うの。私がいる前で。

当たり前だろ、テメェも家族持ちだろがボケが(怒)

その人が産休育休で穴が空いたら代替要員探すのもテメェの仕事じゃ(怒)

と、内心怒り狂ってたんですが、それも企業の本音だろうなと思ったり。ほんとーにクソクソのクソ。(その他、採用関係で人事から受けたセクハラ発言について書くと原稿用紙が何枚あっても足りない)

夫は子供を望んでるし、子供を産んでも働くなら、今のポジションにしがみつくしかないと思ってた。

幸い、うちの部署には子供を育てながらもバリバリ働く女性がたくさんいた。その人たちは評価も高くて管理職にもなっていた。

その中だと相談もしやすいし、子育てに限らず何か事情(介護など)を抱える人が複数いる中でいかに支え合い、誰かが急に休んでも耐えうる体制にしておくか、チームとしてきちんとパフォーマンスを出すか、ノウハウを持っている人がいるのは心強かった。

子供を産んでも働くなら、うちの部署は働きやすいと考えていた。

 

あと、女性は経済力が無かったら、家庭内での発言権が弱くなると思ってた。

女性の家庭での地位は経済力に比例する。

これはうちの両親を見ていて感じていたこと。

 

だったんですが。

2年半以上休んで、それでも病状が良くならなくて、もう、諦めるべきなのではないかと思いまして。

総合職として働き続けて、経済的に自立し続けるのは夢だったけど、夢破れたことを認めるべきじゃないかと。

 

あと、病状がひどくなり、身体が全く思うように動かなくなったのと同じくして、本当にこの会社で、この部署で働き続けるのが自分にとって良い働き方なのか?ということを考えるようになりました。

中国に旅行して、英語が話せるホテルのスタッフやガイドさんに助けられ、感動的な滞在をすることができ、私も英語を使って誰かに感動を与えたい、みたいな気持ちになりまして。

そのスタッフやガイドさんたちは、別に完璧な英語が話せる訳じゃない。

でも、英語があまり通じない中国という土地の中で、英語が話せることが彼らの仕事に繋がっていて、それが旅行者である私をこんなにも助けてくれた。

私自身、これまで通訳や翻訳の仕事には興味を持っており、スクールにも少し通った経験がありまして、ほぼ完璧な英語を話したり書けなければ通訳や翻訳としての仕事は出来ないと思っていましたが、完璧な英語じゃなくても誰かを助けることはできるじゃん。と気づいたのです。当たり前だけど。

で、別に、フルタイム以外の働き方もあるんじゃない⁇

パートタイムとか、フリーランスとか。

人を助けるなら、ボランティア、っていうやり方もあるよね。

今の会社だと、病気のため残業ができないし、子育てで更に残業が難しいと、多分何年も海外対応は無理で(時差があるから)、完全ドメスティックな仕事か、バックオフィス的な仕事か。就業が不安定だからメインの仕事を任せてもらえるようになるには、かなり長い時間がかかる(当たり前)。別に国内・社内向けの仕事も、雑用っぽい仕事も嫌いな訳じゃないけど、でも、それが本当に自分のベストな活かし方なのか?海外対応させてもらえたとしても、それは本当にやりたいことなのか…?

 

と、悶々してるうちに、ああ…なんかもう台北に一ヶ月ぐらい滞在してみたい…みたいな気持ちが出てきて、ふと、台北に住んでる友人にコンタクトを取ってみたら、どうせなら留学しない?と言われて大学の短期留学プログラムのURLが送られてきたのが全ての始まり。

募集開始日がなんとその翌日。

中国語の授業は毎日午前中のみ、午後は文化授業とか校外授業とかがあるけど毎日じゃない。3週間なら、しかもこのゆとりのあるプログラムなら、もしかしたら体調もなんとか保つんじゃ⁇修士を取るとかじゃないから、やっぱり身体が思うように動かなくてダメだったらダメだったでしょうがないし、その際の金銭的ロスが(長期留学に比べて)少ないよね、と、ポーンと応募してしまいました。

その後は医師に退職の意思を告げ、上司に退職の意思を告げ(留学に行くとは言ってない)、特に反対もされず(まあそうだよね)、淡々と退職の手続きを行い、退職しました。

留学があるから、辞める決心がついたというか。無かったら多分またズルズルと休職していたと思います。

 

今でも退職して良かったのか?と考えることはあります。収入が無いから。

ただ、相も変わらず身体が全く動かず布団にこもっているしか無い時、自己嫌悪で死にたい気持ちになりながら上司に今日休ませてくださいと言わなくてもよくなったのは良かったと思います。

思い切って辞められたのは夫がいてくれるおかげなので、夫に感謝です。合 掌

 

QOL爆上げ生活②(俵屋旅館の石鹸)

前回書いたのが3月⁈

あれから色々ありましたが連載を続けたいと思います。

第2弾は石鹸です。

 

商品名はSavon de Tawaraya、京都の俵屋旅館で使われている石鹸です。

俵屋旅館の主人と花王が共同で作りました。

京都のギャラリー遊形というお店でのみ買えます(電話・FAXでの取り寄せは可能)。

3個入り、6個入り、12個入りがあります。

f:id:Elaineintherain:20190716143139j:image

これは3個入り。

石鹸の表面には旅館の名前が。
f:id:Elaineintherain:20190716143042j:image

裏には花王のマーク。
f:id:Elaineintherain:20190716143045j:image

ベルガモット、ローズ、サンダルウッド、ジャスミン、パチュリ、ラベンダー、ラブダナムなどの天然香料に、ムスクなどの香り、200種類以上をブレンド

この香りが良い〜〜〜〜〜のです。

ちょっと「和」を感じる奥深さ。

外で辛いことがあっても、家に帰ってこの石鹸で身体を洗えば心も一緒に洗われます。

お風呂タイムのQOLが爆上がり。

まさしくこの連載に相応しい逸品です。

私は12個入りを取り寄せて使っています。

 

俵屋旅館といえば一泊何万円もすることで有名ですが、こちらの石鹸は3個入りで800円弱(正確な値段を忘れました、すみません)。一個あたり200円台で購入可能とコスパは抜群。一個2500円もする高級石鹸があることを考えると、これは奇跡としか言いようがありません。

また、「京都でしか買えない」(取り寄せは可能ですが)というのもポイントで、お土産にぴったり。例えば東京で知人に会う時。東京って、有名なもの、上質なものはだいたい揃っていて、「東京の人に関西のお土産を買って行ったら実は池袋の百貨店にもあった…」みたいなことになりやすいのですが、これは東京では売っていない。稀有な商品です。

もちろん、その他の地域の方へのお土産にもオススメです。

QOL爆上げ生活①(花とコードレス掃除機)

お久しぶりです、いれーんです。

体調を崩しがちな季節の変わり目ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は再び復職し、人事に「お前あんまり休むとクビな」と言われながらも、会社員を続けています。

 

さて、私の持病である双極性障害はハイ(躁または軽躁)とロー(鬱)を繰り返す病気ですが、その症状の出方は人それぞれです。

私の場合、ハイの時は、お金を使いたくなります。

 

酷い時はお札がただの紙ペラに見えて、気がつくと恐ろしい額を使っていたりするのですが、お金を使うと一口に言ってもレベルが色々あり、生活必需品を買う、嗜好品だけど絶対消費するもの(我が家であればコーヒーや紅茶)を買う、体型の変化で着られなくなった服を買い換える(泣)、別になくても生きられるものを買う(アクセサリーやポイントメイク用コスメ等)などがあると考えます。

それぞれのレベルで色んなものを買っていますが、ただお金を使うだけでもブロガーとして勿体ない気がするので、ストレスフルな中でもQOLを爆上げする買い物をこれからの記事でご紹介していきたいと思います。

予算は2,500円です!

 


さて、最初は、花です。

ハイ。いきなり出てきました、「無くても完全に生きていけるモノ」。

f:id:Elaineintherain:20190324211239j:image

今回の花束は「ひたすら元気を出したい」をテーマに、花屋さんでオレンジ系を中心に花を選んでもらいました。

 

花は無くても生きていけるし、いつか枯れてしまうものですが、

そこがいいんです(キリッ

ある意味、最高の贅沢です。

花があると、部屋が一気に明るくなります。

生花はいつか枯れてしまいますが、その儚さこそが尊いし、いつまでも場所を取って収納に困ることもありません。

 

人間とは異なる、「ただただ生きている」他の生物が家の中にいることは、意外にも精神力の回復に効きます。

これはペットを飼っていらっしゃる方にも同意いただけるのではないでしょうか。

うちの実家には猫がいますが、彼らを見ていると、ただただ生きることの尊さを感じます。

 

この花束は2,100円(税込)。

花屋のおばちゃんが「自宅用だったら長さ揃えなくていいよね!自分で適当に切っておいて!」と適当なことを言ったので、センスのない私が適当に長さを揃えた結果花々がそれぞれ好き勝手に咲いている感じになりましたが、それはそれで良い気がしています。

花屋さんは基本的に一輪から買えるので数百円からトライできますし、予算とイメージ(ピンク系とか)を伝えれば適当に花束を作ってくれます。

元気がない時に花を飾るのはオススメです。

 

ちなみに、写真に映り込んでいるマキタのコードレス掃除機は2,500円では買えませんが(現在の価格で約3万円)、これは、QOLが、爆上げされます。

確実に、です。

新幹線の車内清掃でも使用されているとの噂。

 

私は家事の中で掃除が一番嫌いで、掃除機をかけるのも大嫌いでした。部屋の中を掃除する際に、コードの長さが足りないのでプラグをどこかのコンセントに差しては抜き、また別のコンセントにプラグを差しては抜き…また、掃除機本体もスムーズに動いてくれればいいのですが、大体壁とか色んなところに引っかかったり、ひっくり返ったり。

コードレス掃除機は、これら全てのストレスから解放されます。

マジです。

 

去年購入しましたが、掃除機をかけようとする時の「部屋が汚いなーでも面倒くさいなー嫌だなー」という精神的ハードルがかなり下がりました。

これって、自分の調子がローの時に地味に効きます。

いつでも元気いっぱいな人は別にいいですが、私のように体調に波のある人間にとっては、家事はいかにハードルを下げるかが勝負です。

コードの抜き差しもないし掃除機本体を連れ回す(?)必要がなくなり、実際に掃除機をかける時間も短縮されている気がします。

 

コードレス掃除機って、家電量販店で買おうとしても(当時は)各社かなり良いお値段したのですが、「何故か量販店には取り扱いが無い(業務用だから???)が、ネットでは買えるマキタのコードレス」はその中でも非常に手の届きやすい価格で、購入してホントに良かった!と思っている家電のひとつです。

 

コードレスを買おうと言い出したのは夫で、私は「今持っているものがまだ動くのに、なんで新しいのを買わなきゃいけないの」と反対したんですが。

ごめん、夫。

マジで感謝してます。

繰り返し見る

昼寝でひどく長い悪夢を見て、全身寝汗でびっしょりになりシャワーを浴びた。
悪夢は私のコンプレックスとか、果たせなかった夢とか、あらゆる要素がごちゃまぜになったもので、
「この悪夢から覚めたら4:29に喫茶店で待ち合わせ」
ということまで指定されていた。

その中でも、私が繰り返し繰り返し見る悪夢のエピソードというのがあって、

夫が出てこない。

「自分には大切な、たった一人の人がいるはず」というのはわかっているのに、元彼も仲の良かった男友達もみんな出てくるのに、
夫の存在だけが思い浮かばない。

高校時代の古文の授業で、「平安時代の人は、夢の中に誰かが出てくるのは、その誰かが自分を思ってくれている証拠と思っていた」と習ったのを思い出す。
私の愛が足りないのか、彼の愛が足りないのか、多分どっちでも無いし、夢に意味なんて求めなくても良いと思うけど。

彼が自室でパソコンを開いているのを確認し、シャワーを浴びた。
心なしか、とても寒く感じた。

ASIAN KUNG-FU GENERATION ツアー2018「BONES & YAMS」

たまに、どうしてこんなことが起こるんだろう、ということが起こる。

6月15日、Zepp Osaka Baysideでのアジカンのライブチケットが偶然手に入った。仕事で来られなくなってしまった人のチケットを譲り受ける形だった。

 

アジカンと言えば、私が中学生の時に「リライト」がアニメ「鋼の錬金術師」のテーマソングになり流行った。その後アルバム「ソルファ」(傑作)を家族の誰かが買って、繰り返し繰り返し聴いた。中でも「Re:Re:」が特に好きで、今でも好きだ。

大学生になって、同級生から他のアルバムの音源をもらった。母がアジカンを好きになり、アルバムをいくつか買ったのをitunesに入れさせてもらった。そうこうしているうちに、アルバム「ワールド ワールド ワールド」が出た。これは夜明けをテーマにしたアルバムで、当時精神的にどしゃ降りだった私に明け方の空を見せてくれた。

それから社会人になって、昔の曲は繰り返し聴いてはいたけど、新しいシングルやアルバムは追っていなかった。

ある日、離れて暮らす母がアジカンを特集したテレビ番組の録画を送ってくれた。ボーカルの後藤正文が「ロックで言いたいのはひとつだけ。『大丈夫だ』ということ。」と話していた。正確な言葉ではないと思うけど。今でも時々思い出す。

 

それから色々あって、今私は人生の岐路に立っている。具体的に言えば、病気で職を失いそうだ。動きたいのに動けない。ふと動けたと思ったらまた止まる。混迷極まる日々の中で、そのチケットはひらりと手の中に舞い降りてきた。

 

これは予習しなければ、と思い、ツアーのセットリスト(※ライブの曲順)を検索する。既に終わった会場の情報が出てきた。itunesで新しく出たベスト盤を買い、手持ちの音源と合わせて、極力セットリスト通りのプレイリストを作り上げる。ライブまでの残された時間で、できる限り何度も聴く。歌詞も検索して、じっくり読みながら聴いてみる。ゴッチの言葉の世界に浸る。

ライブ会場に行くまでの電車の中でもプレイリストを聴き続けた。ロックのライブに行くのはRADWIMPSのHuman Bloom以来2回目。今回はオールスタンディングだという。スタンディングは初めてだったので、ドキドキしながらライブへの荷物の持って行き方などを調べた。可能な限り軽装で挑むために、小さいメッセンジャーバッグ的な物もヴィレッジヴァンガードで買った。

 

会場に着いたら既に開場していた。仕事終わりと思しき人が後から入ってきた。少し後ろの方に立ってみる。ワンドリンク制で、手にドリンクを持っている人も多い。私はライブ後に飲み物を注文することにした。

ライブは19:00スタート。その前にイギリスから来たというアーティストの演奏があった。どんどん人が入って来て、いつのまにかライブハウスが人でいっぱいになる。

 

19:00になり、アジカンの演奏が始まった。

「生」ってこういうことか、と思った。

整えられた音源の音とは異なる、剥き出しの音が耳を襲う。ライブに行き慣れていないので、初めは少し戸惑った。「CDなどは音楽の缶詰でしかない」と大学でラテンアメリカ音楽の授業を取った時に教わったことを思い出した。

ほぼ予習してきたセットリストのとおりに進んでいく。昔の曲もたくさん。「ソルファ」を聴いていた高校生の頃の私が、「ワールド ワールド ワールド」を聴いていた大学生の頃の私が、心の中で泣いていた。大人になって生でアジカンを聴けるなんて、思ってなかったよ。

 

ライブに行くと生きていることを実感する。

「良い夜にしましょう」とMCでゴッチが言う。

 

アジカンの歌詞には希望を感じられるものが多い気がする。アンコールの「今を生きて」で、笑ってさよならしよう、世界へ駆け出そうと言った旨の歌詞を聴いて、今後何があるかわからないけど、今日は良い夜だったな、もしかしたら「大丈夫」なのかもしれない、とぼんやり思った。上手く言葉にできないんだけど。でもそれでも良いのかもしれない。言葉ではなく音楽でしか伝わらないものもあると思うから。

f:id:Elaineintherain:20180713171624j:image

セットリスト

https://www.yawarakai.com/18018#2018615_Zepp_Osaka_Bayside

中国旅行記(9日目 西安→関西)

いよいよ最終日。14:15西安発、青島経由、21:45関空着の便で日本に帰りました。

 

まず空港に着いたらお土産を物色!

f:id:Elaineintherain:20180524183901j:plainf:id:Elaineintherain:20180524183915j:plain

これは「茯茶」と言って、特に中国西北部の人達が飲んでいるお茶です。Wikipediaによると「食べた油を流す」お茶(「削胃茶」)とも呼ばれているそうです。西北部の少数民族は厳しい気候のため肉食が中心で野菜の少ない食生活だそうですが、このお茶のおかげでミネラルなどの栄養分も取ることができ、健康を維持できているのだとか。お茶の安定供給が少数民族支配の鍵を握るため、製造方法は国の2級機密に指定されています。味は癖がなく、飲みやすいです。特に脂っこい料理の後に飲むと口の中がさっぱりします!

茯茶 - Wikipedia

他には兵馬俑クッキー?らしきものも購入しました。ゴマが固められているような感じで、あまり甘くないです。

f:id:Elaineintherain:20180524183826j:plain

その他、楊貴妃クッキーや、西安の老舗「徳懋恭」の水晶餅を購入したりもしました。水晶餅は中に氷砂糖やナッツなどが入っているとても甘いお菓子で、独特の風味があるのですがネットで調べてみるとその正体は薔薇のようです。

f:id:Elaineintherain:20180705173750j:image

帰国してから開けたらボロボロに崩れてました。残念

 

お土産を確保した後はお昼ご飯を。味千ラーメンがあったので、帰国前にフライングで日本食をいただきました。

豚骨ラーメン。うーん、ほっとする味!

(保安検査場を通ってからはレストランがなかったので、飛行機に乗る前にご飯を食べたいのであれば、検査前に食べることをお勧めします)

f:id:Elaineintherain:20180524183837j:plain

本当に楽しい旅行でした。

 

以下、これから中国(特に西安敦煌)に旅行に行かれる方にちょっとした旅の情報を。

 

SIMカードについて

今回、夫が海外格安SIMを利用しました(私のiPhoneは世代が古くSIMロックがかかっており利用できませんでした…)。中国国内でも日本にいるのと同じように高速でネットが使える(googleも使える!)のは大きかったです。今回泊まったホテルはどこもwi-fiが飛んでいましたが、セキュリティはかかっておらず、速度も遅かったため、あまり使いませんでした。Yahoo!のトップページはすぐに出るんですが、そこから何かを検索しようとすると固まっちゃうのです。。。

百度(Baidu)について

中国では基本的にgoogle mapを利用することができませんが(格安SIM利用時は例外)、その代わりに百度という地図アプリが広く利用されています。これは非常に便利なアプリで、行き先を入れるとバスの情報などが全て出てくるので街歩きに重宝しました。中国旅行に行かれるのであれば、事前にインストールして行くことを強くお勧めいたします。

・クレジットカードについて

今回、旅先で何度かお金が足りなくなりました。入場料がどこも高かったり、クレジットカードを使おうとしたら機械でエラーが出たりと色々あったからなのですが、そんな時に利用したいのがATMでのキャッシング。クレジットカードを使って現金(今回は中国元)を下ろすのですが、何故か「VISAが使えない、だがMasterは使える」という状況が何度かありました。中国を旅行される際は、クレジットカードは最低でも2種類持って行くことをお勧めいたします。

・免税店について

中国東方航空西安→青島→関空線を利用しましたが、西安空港内で利用できる免税店はありませんでした(保安検査の後、免税店エリアを通過することなく搭乗口に出ます)。青島では大きくはありませんが免税店がありました。化粧品などを購入されたい方へ、ご参考までに…。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

中国旅行記(8日目 華山)

実は山歩きが大の苦手な私…。しかし夫は山好き。

夫に引きずられるようにして、中国五岳のひとつ、華山に行ってきました。 

西安からは高鉄(新幹線のようなもの)で30分。そこから無料のシャトルバスでチケット売り場まで向かいます。

遊客中心のチケット売り場で入山料(3月~11月は180元)と、北峰ロープウェイ売り場までのバス代20元を払いました。北峰ロープウェイは3月~11月は片道80元(往復は150元)。華山には北峰ロープウェイと西峰ロープウェイの2つがあり、北峰(1614.9m)から登って西峰(2082.6m)まで歩き、そこから西峰ロープウェイで降りてくる予定でした。そう、この時は…

 

 ※華山では入山料や乗り物代でものすごいお金を取られるので現金を大量に持っていきましょう

 

ロープウェイのチケットを購入した後見えたのはものすごい人の山。結局、乗れるまで2時間かかりました。

やっと乗れた!

f:id:Elaineintherain:20180529195412j:plain

f:id:Elaineintherain:20180529195330j:plain

 

f:id:Elaineintherain:20180529195431j:plain

 

f:id:Elaineintherain:20180529195507j:plain

f:id:Elaineintherain:20180529195524j:plain

蒼龍嶺(苍龙岭)と呼ばれる急な上り坂です。体力が無いのでホント勘弁してください。

f:id:Elaineintherain:20180529195706j:plain

金鎖関に到着。ここが分かれ道となっており、西峰だけでなく東峰(2096.2m)や中峰(2037.8m)やなどにも行くことができます。f:id:Elaineintherain:20180529195348j:plain

華山には「長空桟道」という恐ろしい道があり、幅50cmあるかないかの道を鎖づたいにハーネスをつけて歩く(しかも進んでも行き止まりで来た道を戻るしかない=行きの人と帰りの人がすれ違わなければならない)という超スリリング体験ができる場所となっています。私は興味がなかったのですが夫は行く!と言うので近くで一人待つことに。f:id:Elaineintherain:20180529203233j:plain

にゃー。挨拶したら返事をしてくれました。

残念ながら(?)、どうやらこの日、長空桟道は閉まっていたそうです。入口から夫がチラ見した写真↓

f:id:Elaineintherain:20180529195850j:plain

よし!西峰まで移動したしあとはロープウェイで降りるだけだ!と思って乗り場に行ったら誰もおらず「強風のため運転を停止します」の紙が。え?じゃあどうやって下山すればいいの?

ただでさえ登山が苦手な私はもう涙目。既に結構ええ時間になっていました。ここから北峰まで戻るの?そもそも北峰ロープウェイはちゃんと動いているわけ?今の季節は19:00までの運転ってガイドブックには書いてあるけど間に合うの?頭から血の気が引きつつも、山道を戻るしか道はありません。大急ぎで北峰ロープウェイ乗り場に戻ると、そこにはまた人、人、人の山…。結局また2時間待ちました(ここで再びチケットを一枚80元で購入)。そこからさらにバス代20元を払って、遊客中心まで戻って、駅まで無料のシャトルバスに乗れるかと思えば「このバスは駅まで行かないよ」と言われ、その辺で客待ちをしていたタクシーに乗り、華山北駅まで戻りました。まだ高鉄が走っていたからよかったものの(21:45頃発の便に乗りました)、この時点で電車が終わっていたら完全に詰んでいます。翌日日本に帰るのに!!

f:id:Elaineintherain:20180529195913j:plain

高鉄の中は超快適

f:id:Elaineintherain:20180529195917j:plain

みなさま、華山に行かれる際はくれぐれも時間にお気をつけください。私達は乗ろうと思った高鉄の便に乗れなかったり(チケットを取る時に駅員さんに顔を横に振られました)、ロープウェイに乗るのに何時間も待ったり、ロープウェイの運行が止まっていたり、来た道を戻らなければならなかったり、また待ったりと予想外(詰めが甘いと言われればそれまで)の状況で西安の街に帰るのが遅くなりました。私達が事前にネットで調べた旅行記にはこのような混雑の話は全く書かれていませんでしたが、2018年5月4日の状況は上記のとおりでした。華山に行かれる方、時間にはくれぐれもご注意を!