10:44 AM

しがない会社員・いれーんの日記。旅好き、猫好き。

QOL爆上げ生活①(花とコードレス掃除機)

お久しぶりです、いれーんです。

体調を崩しがちな季節の変わり目ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は再び復職し、人事に「お前あんまり休むとクビな」と言われながらも、会社員を続けています。

 

さて、私の持病である双極性障害はハイ(躁または軽躁)とロー(鬱)を繰り返す病気ですが、その症状の出方は人それぞれです。

私の場合、ハイの時は、お金を使いたくなります。

 

酷い時はお札がただの紙ペラに見えて、気がつくと恐ろしい額を使っていたりするのですが、お金を使うと一口に言ってもレベルが色々あり、生活必需品を買う、嗜好品だけど絶対消費するもの(我が家であればコーヒーや紅茶)を買う、体型の変化で着られなくなった服を買い換える(泣)、別になくても生きられるものを買う(アクセサリーやポイントメイク用コスメ等)などがあると考えます。

それぞれのレベルで色んなものを買っていますが、ただお金を使うだけでもブロガーとして勿体ない気がするので、ストレスフルな中でもQOLを爆上げする買い物をこれからの記事でご紹介していきたいと思います。

予算は2,500円です!

 


さて、最初は、花です。

ハイ。いきなり出てきました、「無くても完全に生きていけるモノ」。

f:id:Elaineintherain:20190324211239j:image

今回の花束は「ひたすら元気を出したい」をテーマに、花屋さんでオレンジ系を中心に花を選んでもらいました。

 

花は無くても生きていけるし、いつか枯れてしまうものですが、

そこがいいんです(キリッ

ある意味、最高の贅沢です。

花があると、部屋が一気に明るくなります。

生花はいつか枯れてしまいますが、その儚さこそが尊いし、いつまでも場所を取って収納に困ることもありません。

 

人間とは異なる、「ただただ生きている」他の生物が家の中にいることは、意外にも精神力の回復に効きます。

これはペットを飼っていらっしゃる方にも同意いただけるのではないでしょうか。

うちの実家には猫がいますが、彼らを見ていると、ただただ生きることの尊さを感じます。

 

この花束は2,100円(税込)。

花屋のおばちゃんが「自宅用だったら長さ揃えなくていいよね!自分で適当に切っておいて!」と適当なことを言ったので、センスのない私が適当に長さを揃えた結果花々がそれぞれ好き勝手に咲いている感じになりましたが、それはそれで良い気がしています。

花屋さんは基本的に一輪から買えるので数百円からトライできますし、予算とイメージ(ピンク系とか)を伝えれば適当に花束を作ってくれます。

元気がない時に花を飾るのはオススメです。

 

ちなみに、写真に映り込んでいるマキタのコードレス掃除機は2,500円では買えませんが(現在の価格で約3万円)、これは、QOLが、爆上げされます。

確実に、です。

新幹線の車内清掃でも使用されているとの噂。

 

私は家事の中で掃除が一番嫌いで、掃除機をかけるのも大嫌いでした。部屋の中を掃除する際に、コードの長さが足りないのでプラグをどこかのコンセントに差しては抜き、また別のコンセントにプラグを差しては抜き…また、掃除機本体もスムーズに動いてくれればいいのですが、大体壁とか色んなところに引っかかったり、ひっくり返ったり。

コードレス掃除機は、これら全てのストレスから解放されます。

マジです。

 

去年購入しましたが、掃除機をかけようとする時の「部屋が汚いなーでも面倒くさいなー嫌だなー」という精神的ハードルがかなり下がりました。

これって、自分の調子がローの時に地味に効きます。

いつでも元気いっぱいな人は別にいいですが、私のように体調に波のある人間にとっては、家事はいかにハードルを下げるかが勝負です。

コードの抜き差しもないし掃除機本体を連れ回す(?)必要がなくなり、実際に掃除機をかける時間も短縮されている気がします。

 

コードレス掃除機って、家電量販店で買おうとしても(当時は)各社かなり良いお値段したのですが、「何故か量販店には取り扱いが無い(業務用だから???)が、ネットでは買えるマキタのコードレス」はその中でも非常に手の届きやすい価格で、購入してホントに良かった!と思っている家電のひとつです。

 

コードレスを買おうと言い出したのは夫で、私は「今持っているものがまだ動くのに、なんで新しいのを買わなきゃいけないの」と反対したんですが。

ごめん、夫。

マジで感謝してます。