10:44 AM

しがない会社員・いれーんの日記。旅好き、猫好き。

映画「虐殺器官」

映画「虐殺器官」を見てきた。

私は伊藤計劃の「虐殺器官」「ハーモニー」という小説がどうしようもなく好きだ。(2つの作品は、それぞれで完結しているが、前者の世界が後者の世界に繋がっている)

初めて読んだ時は、衝撃で頭から離れなくなって、作品世界から帰ってこられず、しばらく他の本が読めなくなったりした。

映画化されるのであれば、観に行かない訳にはいかない。

 

虐殺器官」劇場版は、途中で制作会社が倒産し、それでも制作陣が新しいスタジオを立ち上げ、制作された作品だ。当初は2015年11月公開予定だったと記憶しているが、そんな事情があり2017年2月3日の公開となった。

ずっとずっと、待っていた。

 

劇場版は、原作に忠実なところが多いものの、アレンジされた部分もある。

自分にとって思い入れの深いシーンも、カットされたり、変えられていたりした。2時間という時間の制約の中で、説得力を増すためにこのアレンジは必要だったんだろうな、ここはバッサリ切らないとしょうがないよな、と思える部分もあれば、制作陣の意図がどうしても理解できない部分もあった。

 

でもひとつだけわかっていることがある。

制作陣が、伊藤計劃の「虐殺器官」という作品をこれ以上ないほど愛しているということだ。

観客もそうだ。この小説を愛し、ずっと公開日を待っていた。

 

みんなが伊藤計劃のファンで、原作を愛している。

読者の数だけ、「虐殺器官」の世界がある。

この映画はひとつの解釈なのだ。

そして私の思い入れも、ひとつの解釈にすぎない。

原作者が亡くなっている以上、「原作者の意図どおりの解釈」なんて、存在し得ない。

でも、みんな作品を愛しているのは同じ。

そんな、ある意味当たり前のことがわかった映画だった。

project-itoh.com