読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10:44 AM

しがない会社員・いれーんの日記。旅好き、猫好き。

想像力

ラブホの上野さんが書いていたことに対して色々思ったのでメモ。

 

 http://ueno.link/2017/03/15/ラブホスタッフに憧れる皆様へ/

 

【要約】

ラブホで働きたいという女子学生への返答。「職業に貴賎はない」とは言うけど、世の中には綺麗事では済まない、明確な上下と言うのが存在する。

賃金が低かったり、社会的立場が低いとされる人は、望んでそうなった訳ではない人が多い。社会的立場が高いとされる人から「職業に貴賎なし」「人間はみな平等」と言われても殺意に似た感情を抱く。

ラブホ業界で働く人も、望んでこの業界に入ってきた人ばかりではない。日の当たらないこの業界にわざわざ来ることはない。ここに来るのは最後でいいよ。それからでも遅くはないよ。

 

というお話でした。

 

「職業に貴賎なし」

「人間はみな平等」

これらの言葉自体は、真理だと思います。

ただ、それを口にする時は、相手との関係、シチュエーションなどを相当選ぶと思います。

 

私は病気(障害)を抱え、今働いていない(働けない)状況にあることもあり、働く全ての人を尊敬しています。

でもその一方で、自分が恵まれている部分も多々あるとわかっています。

大学に行かせてもらい、企業に就職もでき、正社員で、休職という制度も利用でき、夫も働いていることで明日のご飯を心配することもない。精神(疾患)障害を抱えながらも、身体的には健康。

 

もちろん、自分より恵まれている人がたくさんいることも知っています。お金持ちの家に生まれた人。首都圏や学力の高い都道府県に生まれ、小さい頃から塾に通うことができ(それはそれで辛い人もいるでしょうが)、名門校に入ることができ、大学受験において有利な人。(余談ですが、私の生まれ育った新潟県は学力が低いと言われているようです)

そして、何よりも、精神的に健康な人。働けている人。この病気(障害)がなければ、と思ったことは数知れません。

 

(ああ、でも確かに働けていない今の状況だと「職業に貴賎なし」と言われてもピンと来ないなあ。色んな理由で働けない人もたくさんいるんだよ!って言いたくなるかも(笑))

 

しかし、恵まれている部分があるからといって、何も楽しいことをしてはいけない、何も発言してはいけないということでは決してないと思います。

 

恵まれていることは悪いことでも何でもない。

でも、自覚は必要。大事なのは想像力。

よく、「政治家は金持ちの家の生まれだから貧しい人の気持ちなんてわからない」という人がいます。でも想像力を働かせて、貧困対策を考えなければならない。「お前にはわからないだろ」と言われるからといって、政策立案の手を止めてはならない。

話がちょっと脇道に逸れるけど、子どもがいない女性議員が少子化対策(子育て支援だったかしら。うろ覚え)について発言した時、「まずはお前が子どもを産め」というヤジが飛んで問題になったことがあるけど、根っこは同じだと思う。子どもがいない人が少子化対策について話すのは「恵まれている立場の人が困っている人について発言する」のとはちょっと違うけど。でも「子育てでしんどい思いをしていない」っていう部分はあるかなあ。逆に「子どもに恵まれない」人なのかもしれないし、そこは何とも言えない。でもそんなのどうだっていいんだ。想像力があれば。

 

本当に大事なのは、自分と異なる立場にいる人たちへの想像力だと思うんです。「自分の立場にいるのが当たり前」という顔をしてはならない。相手の立場を考えて発言することが重要。場合によっては、ノーブレス・オブリージュを考えることも。

高校の頃から考えていたことではありますが、ラブホの上野さんの記事を読んで、改めてつらつらと考えました。

こちらからは以上です。

アリーテ姫

f:id:Elaineintherain:20170316200703j:image

アリーテ姫」を観てきた。

(写真のポスターの後ろにドラえもんが透けている…)

片渕須直監督初の劇場用長編アニメ。音楽は千住明

片渕監督の作品を観るのは、「マイマイ新子と千年の魔法」「この世界の片隅に」に続いて3作目。

 

中世のとある城塞都市で、アリーテ姫は城の高い塔に閉じ込められ、婿となる男性が現れるまでその身を清く守ることが求められていた。しかし姫は秘密の抜け穴から城を抜け出し、しばしば街へ飛び出していた…というのが初めの部分で、そこから物語は動いていく。

 

作品の雰囲気(人物の造形や動き、色彩など)はマイマイ新子に近いかもしれない。 

 

「人の手はすごい」「私たちはみな、人の手によって作られたものに囲まれて生きている」「自分にも何かできるだろうか?」「みんながそれぞれの人生の主人公」「みんなは自分が何者か知っているように見える。しかし私は何者なのだろうか?」という姫の気持ち、問いが今の自分と重なる部分もあって、そうそう、そうなんだよね…本当にどうしたらいいのかなあ…と思いながら観ていた。物語は、姫自身がその答えを示していくような展開になっている。

 

「爽快!痛快!」というタイプの映画ではないし、テンポもわりとゆっくりなんだけど、人々の生活の尊さや、姫の持つ問いが力強く伝わってくるような作品だった。 

お前は何者なのか、と。

 

高山みなみの演技が良かったなあ。魔女の宅急便ウルスラ的立ち位置の役。有名な声優さんで、よく声を耳にするというのもあるけれど、聞いているだけで安心感が胸に広がっていくような演技だった。主役の桑島法子の声も印象的で耳に残る。

音楽も良かった。途中の挿入歌が美しくて、映画の世界観をぐわっと広げるような音楽で、エンドロールを見ていたらなんとオリガだった。もう亡くなっている、美しい声の人。(知らない人はぜひ攻殻機動隊のSACや2nd GIGやSSSの主題歌をどれでもいいので聞いてみてください。一発で惚れます)

そんなこんなで作品世界からまだ戻れずにいます。もう少し浸ります。

病気と体重の増減

「病気になると、急激な体重の増減が起こることは珍しくない。」

これは社会のみんなに知ってほしいこと。

 

例えば、癌になると急激に体重が落ちたりすると聞きます。

精神疾患だと、病気の症状で食欲が変化したり(拒食や過食)、行動抑制で動けなくなり運動量が減ったり、薬の副作用で過食になったり、そもそもの基礎代謝が減ったりなどで、体重の増減が起こることは珍しくありません。

 

私は病気が悪化してから、15kgほど体重が増えました。

自分だけかと思っていたら、Twitterで「私も〇〇kg増えました」とコメントをいただくことが多く、たくさんの方が苦しまれていることを知りました。なんとか痩せたいね、と励ましあったりしています。

 

私の場合、「もっと運動すりゃいいじゃん」と言われても、うつで寝込む日も多いのです。動ける日はなるべく外に出て、歩くようにはしていますが。

 

これはうつのみならず、他の身体的疾患にも言える話だと思います。病気のせいで動けない。

 

体重が増えること自体も辛いんですけど(自分の身体の輪郭がものすごいスピードで変わっていくのはちょっとした恐怖です)(洋服が着られなくなるのも辛いです。洋服屋にも入りづらいです)、何よりも辛いのは周囲からの発言です。

「肥えたな」「えらい大きくなったな」「妊娠しているみたいだね」「お腹に何かいるようだね」「ふっくらしたね…ふっくら…本当にふっくら…」(3回も言わなくていい)。表面では「あはははは」と笑っていますが、心の中ではひどく傷ついて泣いています。もしかしたら何か理由があるんじゃないかと、少しぐらいは察してほしいのです。

病気までいかなくても、ものすごく太ったり、げっそり痩せたら、想像を絶するようなストレスからくる過食や拒食が起こっているのかもしれない。急激な体重の増減の裏には、何かが隠れていることが多いです。だから、気がついても何も言わないであげて。みんな、心無い言葉に泣いています。

 

「病気のせいなんだよバカヤロー!」と言いたくても、今度は病気に対する偏見が怖い。だから何も言えないのです。

精神疾患なら、私が20代なこともあって、「最近の若い子は弱い」とか言い出す。違うんです。例えばうつ病だったりしたら中年の人の方がかかりやすいし、私がかかっている双極性障害は遺伝的な要因が大きい。社会全体で病気にかかっている人の割合はそんなに変わっていないんです。ただ、言いづらくて言えないだけ。あまり活動できない人も多く、そもそも目に入ってきていないだけ。あなたが何も知らないだけ。これは精神疾患に限らないことだと思います。

 

外に出づらい。知り合いに会うのが怖い。ますます引きこもりがちになり、孤立がひどくなることも少なくありません。

 

だから、この事実を知って、体重の増減をわざわざ指摘しないでほしい。そんなの本人が一番わかっているんです。

本当に、お願いします。

少しでも傷つく人が減りますように。

届け。届いてくれ。

 

Neon Bunny

まりおさん(id:topbwoy)のブログ記事を読んで、Neon Bunnyという韓国のテクノを聴きはじめました。

bakazee.hatenablog.com

 

どうやら一番ポップな1st AlbumはiTunesにはない模様。すわ誰かの陰謀か。というわけで、ちょっとレトロな感じでパンチの効いた2nd Albumと、しっとりした3rd Album をiTunesで買ってみました。

 

3rd Albumは2ndに比べ、突如として暗めというか、アップテンポの曲も全然無いしで、なかなか聴かなかったんですが、眠れぬ夜に聴いたら「あれ…これ最高じゃないか?」と気づきました。深みが増している。ヘッドホンで両耳からやってくる繊細な音。ただひたすら美しい。幸福。まさしくアルバムジャケットどおりのイメージ。アコースティックな音の絡み。森の奥にあるもやのかかった静かな湖のようなアルバム。声も美しいです。

 

Stay Gold

Stay Gold

 

 

 日本に入ってくる韓国の音楽といえばダンサブルなK-POPばかり。そんな中でもこの音楽に逢えたことは嬉しい。まさしく巡り会い。まりおさん、ありがとうございます!

 

海外旅行の計画tips

最近は体調がしんどくなるのもあって旅行に対するモチベーションが低くなっている私ですが、もともとは旅好きです。これから海外に旅立たれる方の参考になればと思い、海外旅行の計画の仕方について、自分の備忘録も兼ねて書いてみたいと思います。特に、日本の大手旅行会社のツアーに参加せず自由旅行したい人向けです。

 

0.同行者を募る

「ここ行きたい人ー!」と人を誘います。一人旅をしたいならそれでも良し。個人的な経験で言うと、インドに6人組(男性込み)で行ったのは良かったです。怪しい人に声をかけられる確率が格段に減った気がします。一人旅も楽しいことが多いですが、安心をとる場合は同行者がいると心強いです。

 

1.まずは何をおいても航空券や現地交通手段の手配

SkyscannerやExpediaなどの格安航空券サイトを見て、おおよその値段や所要時間を調べます。これで予算との兼ね合いで行き先を決定することも。ただトランジットでめちゃくちゃ時間を食う便が一番安かったりするので、これが許容範囲かな…と思うところに目星をつけておく。ここはすっ飛ばしてもいいかも。

旅行会社に行くと、彼らのノウハウも伊達ではないので、最適な乗り継ぎ時間や予算的にベストな日程での航空券を即行割り出してくれます。だいたい長期休暇に入る1日前/後や終わる1日前/後に搭乗日をずらすと安くなったりします。安くならなければフルで長期休暇を使います。私は体力回復や、飛行機の時間が万が一ずれた場合のバッファも含めて、長期休暇の最終日前日に帰ってくるプランを選ぶことが多いです。そこで手数料を払ってでも予約することが多いのですが、旅行会社で調べたことを持ち帰ってExpediaなどで自分で予約し節約する人もいます。

その後、特に地方の街に行きたい場合は、大きな空港からの航空便や鉄道やバスなどを調べて自力で予約したりします(国内の大手旅行会社ではカバーしていない場合もあるため)。ここでのおすすめは、現地旅行会社の利用。特に日本語対応可のところ。現地で日本人がやっている旅行会社も多く、そこで鉄道やバスの切符の予約を頼んだりします。国内の大手旅行会社に頼むより圧倒的に割安で、現地のことを知り尽くしているので、現地でトラブルがあった場合の対応力(病院や現地大使館などへの案内)もあるのでは…と勝手に推測してます。幸い、そのような状況に陥ったことはないのですが。とはいえ、悪徳旅行会社に引っかかるのは怖いので、地球の歩き方などのガイドブックに紹介されているところに頼むことが多いです。信頼第一!

 

ちなみにお世話になった旅行会社一覧

モロッコ ラ・ノーリアトラベル

http://travels.noriagarden.com

インド(デリー、バラナシ、タージマハル、エローラ・アジャンターなどの航空券や電車の手配) インドトラベルアンドツアーズ

http://indotabi.com

インド(ラダック地方) Hidden Himalaya

https://zanskar.jimdo.com

 

特に山間部などの現地ツアーは、ドライバーの質がものを言うので(事故に遭うと最悪)、良いドライバーを手配してくれる所がいいです。

 

2.確保できた日程で何ができるか、何をしたいか考える

航空券や現地交通手段で確保できた日程を考えた上で、現地での計画を立てます。健康的で体力がある方なら郊外観光などのハードめの予定をびっしり入れてもいいのですが、私のように体力のない人間の場合、1日どこかで体調を崩した時のための体力回復の日を設けたり(いざとなればカット可能なゆっくり市内観光の日や、カフェやホテルでのんびりできる日を入れたりします。本を持って行くといいです)します。体力がない方、旅慣れない方はバッファがあると安心です。

ここでも、郊外などに行きたい場合はそこまでの交通手段を調べ、場合によってはタクシーなどの予約を現地旅行会社を通じて入れておきます。

 

3.宿の手配

やりたいことが決まったらいよいよ宿の手配です。私はBooking.comというサイトでロケーションやアメニティ、口コミを参考にしながら探すことが多いです。良い宿に当たった時はリラックス度/疲れの回復度が違うので、当たると「よっしゃー!」という感じです。

 

4.緊急連絡先を家族に教えておく

現地旅行会社や宿の情報・連絡先を家族に教えておきます。特に現地旅行会社が日本語対応可だとかなり安心してもらえるようです。特にモロッコに行った際は一覧表を作ったら、同行者にも「あれで家族の安心度が一気に上がったよ!」と言われました。特に女性の場合、親御さんが心配されることも多いです。そのために旅程表や緊急連絡先一覧を送っておくと安心してもらえます。

 

5.現地での気候を調べる

そんな装備で大丈夫か?」というネタが昔ありましたが、現地での最高/最低気温、降水量を調べておきます。そこで持って行く服などを決めます。特に高所や砂漠に行く時などは気温などチェック要。

 

6.現地での犯罪の手口や、行ったら危険な場所を調べておく

例えばこんなシチュエーションでこんなことをされ出したらヤバいということを調べておきます。危険は事前に避けられるようにしておくのはとても大事です(タイでまんまとぼられました…地球の歩き方に書いてあったのに…)。

 

7.あとはどーんと構えた気持ちで旅立つ

経験則的に、世の中のたいていの人は良い人です。なんとかなります。

 

8.無事に帰ってくるまでが旅人です!

 

そんなところでしょうか。何かあったら追記するかも。旅立たれる方、ご安全を!

 

2017年度に向けて

ついに2017年度が始まる。私は双極性障害Ⅱ型という精神疾患で長いこと休職しているのですが、今年は復職がかかっている年。いよいよ退職までのタイムリミットが迫ってきてます。

新年の抱負をすでに忘れている(「体調管理」とかだったような…超漠然)ので、最近カウンセリングを受けて得た「体調改善のtips」も色々含めてまとめ。

休職中のあなたもそうでない方も!

仕事をしている方もそうでない方も体調管理のご参考まで!(ズキュン)

 

我ながらなんだか温度高いなあ。でも、いいと思ったこと、他の方の参考になるんじゃないかと思ったことはシェアしたいものね。

ではどうぞ、どん!

 

①リズミカルなことをすること

毎日散歩するなど。会社員なら日々の通勤かな?日々のリズムづくりに努める。

 

②心地好いことだけをすること

例えば、歩くのと走るのと自転車に乗るのとどれが好きか?を考え、心地好い形で運動を続ける。「休職のこの時間がもったいないから勉強しまくろう」などと考え、「今の自分にとって」キツく思えるようなレベルの勉強をしない。今はまだ週に2〜3日寝込む日々が続いているため、とりあえず体調が安定するまでは無理のない形を維持。アクセルを踏むのは後でいい。(詳しくは後述)

多分、これは復職してまた会社員生活を送るときにも大事。仕事をしていると、四方八方からトラブルや「嫌なこと」がひっきりなしに襲って来るようなところがあるしそれはしょうがないことだけど、定時後や休日は自分を追い込むようなことはせずにストレス発散(MP回復)と疲労回復(HP回復)に努める。

(余談だけど、最近の10代の子たちにHPとかMPとか通じるんだろうか。スマホゲームにもそういう概念があるのかな。最近の子たちはスマホゲームしかやっていないから、「ゲームボタンをリセットしてやり直す」感覚が通じないのだという話を聞いて、ショックを受けた。それはそれで健全なことかもしれないけど。)

 

③自分のパターンをつかむこと
例えば、「今の」私の場合、遠出をするとか、勉強で自分を追い込んで課題に追われる日々を過ごすとかすると、その後にひどい不調の波が来る。近場だけで動くと翌日に疲れを持ち越さず、続けて動ける確率が上がるので行動範囲を狭めて活動量は維持する(もしくは少しずつ増やす)方向に。
元気だった時は旅行も大好きだったし、資格試験のための勉強もしてたけど、今は少しお休み。「今の」自分の把握。

他の例としては、自分は「ただ何の目的もなく散歩する」のが苦手。目的があってこそ動ける。だから日々の些細な買い物でもいいから適当に目的を作って、自分のやりやすい形で運動量確保。近所のカフェや図書館で読書をするために歩く、とかでもいい。

あとは、だいたい火曜日あたりに動けなくなるんだよな。最近は動けなくても罪悪感を持つことが薄くなった。これはいつものパターン…とりあえず休もう…みたいな感じで気楽でいる。結果、身体はしんどいけど精神的には楽になっている。前は罪悪感でガッチガチだった。これは改善と認めていいのかな。

 

④アクセルを踏みたくなる時期の見極め

当たり前だけど、仕事をすると精神的にも体力的にも負荷がかかってくるので、今のままのスローペースで心地好いことだけをしていても復職できない。でも、「今のあなただと、アクセルを踏んでもNやPの状態でエンジンふかしちゃうのと同じ。そのうち自然とアクセルを踏みたくなるのを待てばいい。ただし、『アクセルを踏みたくなった』時の感情を見逃さないこと。」とのことなので素直に従いたい。

 

プロの知見を得られるのは恵まれていることだと思うけど、とても勉強になるので、みなさんにもシェア。なんとか復職できたらいいなあ。えいやあ!という勢いからでもいいから復職して、また毎日仕事に行けるようになりたい。体調の改善はなかなか見られないけど、精神的には楽になってきている気がします。それが体の方面にも影響していきますように。

みなさんの健康もお祈りして。2017年度をなるべく心地好い形で過ごしていきましょー!では!

世界の広げ方に関するパラダイムシフト

学生時代、私は旅行をほとんどしなかった。旅行をする人に対する憧れはあったが、お金も気力もなかった。自分で自分を抑圧していたようなところがある。

 

その反動で、社会人になってからはガンガン旅行に行った。長期休暇があれば旅行。家族や会社の同期などを誘って、旅行を計画する(言い出しっぺでもないのに、旅行会社を探して連絡をとってモロッコ一周を手配したのは何故だろう…)。仕事でめちゃくちゃストレスが溜まっていたのもある。とにかく日常から遠いところに身を置きたかった。

 

最近は休職中で仕事のストレスがないこともあってか、物理的に移動して自分の世界を広げていきたいという欲求がない。むしろ本や映画で世界を広げていきたい。人生における大きな変化だ 。

本屋や映画館が身近にたくさんあって恵まれているのもあるけど、そんなに大きくない行動範囲で色々済ませることができている。本だったらいざとなればamazonがあるしね。できるだけ書店に行って、自分の目で書籍を見て買うようにはしているのですが。置いてなかったら取り寄せている。

体調を崩して休職している私にとっては、このパラダイムシフトは大きい。物理的に大きな移動をすると、反動で動けない日が続くからだ。今はまだ寝込む日が週に2〜3日あるけど、カウンセリングの成果もあってか、落ち込みの幅が少ないし、寝ていることに対し罪悪感が薄くなった。自分の病気にほとほと飽きてきて、いい意味での諦観を持てていることもあるかな。

 

しかし、読書はいいとしても、ちょっとハイペースで映画を見過ぎている。そして演劇にまで興味を持ちだしている。少し軽躁気味かなあ。怖いなあ。

調子にのってはだめ。アクセル踏みすぎていたらそれを自覚すること。そしてブレーキをかけること。その反動が必ず来るから。一生抱え続ける、私の課題。